人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

父とオパール

今日、突然、亡くなった父が私の中に入ってきた。
いや、なにを言っているのか?
でも、そうとしか言いようがない。

身も心もほどけてくつろいでいたら、父の笑顔が浮かび、
『もういいよ』
と、いうようなニュアンスのメッセージを送ってきた。
なにがいいのか?
こういうメッセージは、言語に頼らないものなので、なんとも理解や説明が難しい。
ずっと後になって、
「ああ、そういうことだったのかな?」
と、思うことも多いし、それだって、「かな?」という程度で、絶対的な納得にはならないのだけど。

とにかく、父は「もういいよ」と笑って、私の胸に入ってきた。
父が亡くなって25年。
父の存在を感じるときは、いつも私の外側(特に右斜め上あたり)だった。
姿や光が見えるわけではないのだけど、なんとなくそのあたりにいる気配だったのに、今日は私の中にストンと入ってきて、カチンとはまった。

私は特に宗教を持っているわけではないが、魂の存在は信じているし、死んだら終わりとも思っていない。
それは肌感覚として、そういう風に思うほうが、自分にとっては自然だからだ。
だからと言って、「私は死んでなんかいません。千の風になって、いつまでもあなたを見守っています」というのは、なんだか薄気味悪くて大嫌いだ。
父が風になって会いにきたくらいに思っているうちはよかったが、あの歌が大ブレイクするとともに、成仏できないこの世に未練たらたらの、死ぬのが怖い幽霊たちが、千の風にぎゅうぎゅうに紛れ込んで吹きすさんでいる様を想像してしまい、風が吹くとうんざりする。

あんたは、死んだの。
名残惜しいこと、心残りなことあるだろうけどさ、サッサと成仏せいよ!
と、風に向かって心の中で祈る(というか、脅すというか、怒鳴るというか・・・)。

この世とあの世は同じ世界ではないと思う。
そしてあの世にいる父の存在(魂)というのは、独立したものではないような気がする。
明治44年~昭和57年まで生きた父の人生は、父の魂の経験の一部分であってすべてではない。
だから、私は父の魂の全部を知っているわけではない。
今回、私の中に入ってきたのは、父の魂の全部ではなくて、父の魂の経験の一部として、私が知っているいわゆる「私の父の人生」の結晶のようなものだ。
私の中に、父の今回の人生のデータが入った記録媒体が入ってきて、私のハードにバックアップしたとでも言おうか。

そして、その記録媒体は、なぜかオパールなのだった。
ダイヤモンドでもエメラルドでもなく、オパールなのだ。

これは前にも書いたけど、私にはオパールのイメージがあるって言われたことがあって、あまりピンとしなかったのだけど、オパールは父のエッセンスだったのだと思い当たる。
父は私に、オパールの記録を残して、「私の父だったときに生きた記憶」を失ったのだろう。
次に生まれる準備のために。

私が死者を忘れないようにしていても、死者は生きていた人生を忘れてしまうんだ。
それでいいんだなぁと思うが、ちょっと淋しくて、やっぱり泣いてしまうんだけど。
by linket | 2009-01-26 18:37 | ●平熱スピリチュアル | Trackback | Comments(5)

子供はね

c0007384_11401964.jpg
©hami

深呼吸する言葉と写真を組み合わせた『深呼吸する写真言葉』です。
文字が読みにくい場合は、写真をクリックすると大きくなりますm(_ _)m

by linket | 2009-01-22 11:40 | ●深呼吸する言葉合流録 | Trackback | Comments(0)
アタクシ、絹(シルク)が大好きですの。
着物が好きなのは、その素材が絹であることも大きなウエイトを占めていますわね。
もちろん、浴衣のカジュアルさ、洗濯機で洗えるポリエステルの着物の手軽さなども捨てがたいのですけど、やっぱり正絹の着物が好きです。
四角い布を縫って、寸胴に着付けるのに着物姿が美しいのは、動いたときに正絹の布が作り出す、しなやかな光沢ある生地の曲線に秘密があるのですわ。

いまは、一見よくできた化学繊維の着物もたくさん出回っていますけど、やっぱりその着心地には雲泥の差がありますの。
昨年の娘ちゃんの成人式のときも、正絹のお振袖の長い袂が揺れる姿は、はんなりと咲く花が匂い立つようでしたけれども、これがポリエステルの貸衣装だと、長い袂がパラシュートのように膨らんで、バホバホしてしまうんですのよ。
帯や帯締めなども、正絹のものはキュッと締まって、気持ちまで引き締まりますの。
それから、帯をほどくときのシュルシュルという衣擦れの音や、帯締めを締めるときのキュキュッという手応えもなんとも言えず、好きですわ。

着物だけに限らず、シルク製品というのに目がなくて、この間セールで試着したスーツがやけに着心地がいいなと思ってタグを見たら、やっぱりウール85%に絹15%でしたので、思わず試着室でスーツをスリスリ・・・(そしてもちろん即買い)。
もしもアタクシとデートして下さる殿方がいらっしゃいましたら、上質のシルク混のスーツを着ていらっしゃいまし。
アタクシ、スーツをさわりまくって、うっとりと我を忘れ、メロメロになること間違いなしですわ。

実は掛け布団も絹ですの。
母が真綿(シルク)の掛け布団を使っておりまして、その魅力に取りつかれて買ったのですわ。
真綿のお布団は、軽くて、暖かくて、吸湿性もよいすぐれ物です。
アタクシ、羽毛布団はあのガサガサした感じがどうしても好きになれませんの。
それに比べて真綿のお布団は、しっとりと体にフィットしてくれるので、体とお布団の間に不安定な隙間が空かないのですわ。
真綿のお布団などというとお高そうですけれども、アタクシの買ったのは外側の生地が綿で、中綿が1.5kgの薄手のものなので、そんなにべらぼうなお値段ではござんせん。
ただし、真綿は手引き(繭を一個一個手で引き伸ばし、それを重ねて作った真綿)に限りますわ。
機械ほぐしだと、綿が偏ったり、痛みが早いそうですのよ。

先日、田口ランディさんの『ドリームタイム』(文藝春秋)を読んでいたら、その中に「繭のシールド」という短編がありましたの。
この中で、『着物を着るようになったら、人当たりしなくなった』ということが書かれていて、なるほどと、納得することしきりです。
着物というのは紐で結ぶ『呪術』であり、繭という『最高のシールド』を使った『魔除け』なのだそうです。
なんとまあ、魔女を目指すアタクシに、ぴったりのアイテムなんでせう。

アタクシの母の実家と、叔母の嫁ぎ先で養蚕をやっておりましたので、小学生のころ、お蚕さんの世話を手伝ったことがありますわ。
正直、虫は苦手なんですけれども、何十万(あるいはもっと?)というお蚕さんが、いっせいに桑の葉を食べる雨のような音や、真っ白な繭玉が目の前でクルクルと出来上がっていく光景などは、とても印象深く心に残っております。

お蚕さんといえば、全農で『カイコ飼育キット』買えますのよ。
人工飼料付きなので、桑の葉いらず、一年中、飼育が可能だそうですわ。
めでたく魔女になった暁には、お蚕さんを飼って、手引きの真綿布団を作ることにします(生糸にするのは技術が必要ですけれど、真綿ならなんとかなりそうですから)。
そして『国産魔女の呪術布団~生霊からあなたを守る最強のシールド~』として、ひっそりとネット販売することにいたしますわ。
その節はどうぞご贔屓に 053.gif
by linket | 2009-01-08 17:43 | ●平成お着物デカダンス | Trackback(1) | Comments(4)
c0007384_118251.jpg
©hami

深呼吸する言葉と写真を組み合わせた『深呼吸する写真言葉』の年賀状バージョン。
ちなみに、『咲いてやらぁ』というのは、群馬弁。
『咲いてやる』よりも、カラッとしたニュアンスです。
おお、そうだ。
深呼吸する群馬弁をシリーズ化しよう。

今年もよろしくお願いいたします。

by linket | 2009-01-01 11:08 | ●深呼吸する言葉合流録 | Trackback | Comments(10)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami