Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そばにいるよ

c0007384_8345549.jpg確かに
あなたの痛みを理解することはできない
だけどね、そばにいるよ
あなたが怖れからこの手を振り払っても
あなたを理解できない痛みにもだえながら
私はそばにいるよ















[PR]
by linket | 2008-06-27 08:35 | ●message for you | Trackback | Comments(0)
c0007384_16404377.jpg空庵の空様が、東京神楽坂でコトコという浴衣ブランドの展示会をなさるというので、おじゃましてきましたの。
昨年、アタクシに人生で一番好きなカレンダーを送ってくださった空様と初のご対面です。

娘ちゃんを伴って、もはや観光地と化した神楽坂通りを行きまして、以前アタクシが一瞬意識を失って、モツまみれになったモツ鍋屋さんを通り過ぎ、ちょっと横丁に入ったところにあるギャラリーフラスコ
今回の展示会を以て、空様はコトコから卒業されるということなので、東京での展示会の予定はこれが最後とか。
空様贔屓のアタクシと致しましては、ついつい鼻息が荒くなるというもんですわ。

と、話を少し戻しますが、ここに来る前に、東武百貨店の浴衣スクエアに立ち寄りましたの。
毎年のことながら、志の低い浴衣や、勘違いのピンクで桜でキラキラな浴衣の渦に、着物好きな娘ちゃんともどもゲンナリ021.gif
「なんか、着物や浴衣が流行っているのに、逆に欲しいのは年々少なくなるような・・・」
「目が肥えちゃったのもあるけど、結局、七緒(普段使いの着物雑誌)に載っているようなため息モノの浴衣は、デパートになんか置いてないのよ。」
と、ブツブツ言いながら、店員の猛攻撃を無視して浴衣売り場を後にしてきたのですわ。

で、空様の展示会です。
私たちが一歩足を踏み入れたときは、他にお客様がいらっしゃらなかったので、黒地の浴衣の楚々とした美人さんに「空さんですか?」と、お声を掛けさせていただくと、やはりご本人さん。
次のお客様が来る少しの間、お話を聞くことができました。
コトコブランドと関わるのは最後だけれど、これからは更に幅広い活動をしていかれるとのこと。
アタクシ、陰ながら応援していますことよ!

c0007384_1791047.jpgそれにしても、もう、可愛いのなんのって!!
さんざん迷って、写真のリバーシブル帯を一本と、切り絵のウチワ、手作りのレターセット買いました。
浴衣も素敵だったんだけど、どうやら1サイズ(ということはデカイ)なので見送り、脱いだときにかわいいというコンセプトの下駄も捨てがたいものがありながら、甲高幅広の母娘には残念ながら履けそうもなく、薄い生地の兵児帯もとってもかわいくて迷ったんだけど、四十路女にはlovely過ぎるので泣く泣くあきらめましたの。

そういえば、空様の年賀状イラストの中から、この和傘柄を使用させていただき和傘職人様に年賀状を出したことなど思い出し、
「空さん、和傘は作らないんですか? 私のブログのリンク先に、和傘職人さんがいるのですよ!!」
などと、勝手に宣伝。
空様と和傘職人様のジョイントの和傘・・・と、アタクシの頭の中では勝手なドリームが炸裂016.gif

空様の展示会は、6月29日(日)まで。
東京近辺の着物好きな皆様、ぜひ足を運んでみてくださいね。
[PR]
by linket | 2008-06-21 16:51 | ●平成お着物デカダンス | Trackback | Comments(2)
c0007384_14435736.jpg基本的に本は買わない。
本だけに限らないけど、モノを増やすことが好きではないので、なにかモノを買うときは『これは一生つきあえるか?』と自問してから買う。

本は消耗品でもコレクションでもないだろ?
一度、読んだらもう読み飽きてしまうような本は立ち読みで済ますか、図書館で借りる。
私以外の誰かが、どんな艱難辛苦の波乱万丈人生を送ったかなんて興味はない。
私が本を読むのは、本の中に、自分の生き方の指針としたり、支えにしたり、新しい切り口を知ったりする『言葉』を捜しているからだ。

私は涙腺が非常に弱いので、泣きのツボを刺激される小説やドラマなんかで簡単に泣く。
泣くけど、それは単なるツボで、感情的な反応でしかないと知っているので、そんなツボ押しだけのお話に、心底ムカツク。
「チクショーーー!! こんな安い話で、泣かせのツボ押しまくりかよっ!!」
と、怒りながら泣く。
さ○ら水産で、ブロイラーのようにランチを食べて、とりあえず空腹は収まったからいいか!!というような読書や映画なんか、いらないんだよ。
そんな暇じゃないんだよ!!

ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。---深呼吸する言葉
著・きつかわゆきお/出版社・バジリコ

この題名を田口ランディさんのブログで見たときは、いかに今のドラマがつまらない作りなのかということを、業界の人が、こと細かに説明してくれている本なんだと勝手に思った。
はい、全然違いました、ごめんなさい。
この本をなんと言ったらいいのだろう?
詩集とも格言集とも言えるけれど、私はこの本は『種』だと思う。

  大きくなったら、
  陽だまりのような人間になりたい。


かつて、こんな種(言葉)を私は見たことがあっただろうか?
もう十分おじさん(失礼!!)なのに、まだまだ大きくなることをちゃんと知っているきつかわさんが紡ぎだした未知の種を、私という土壌に蒔く。
どんな芽が出るのか、どんな花が咲くのか、どんな実を結ぶのか?
それは私次第というところがまた楽しい。
読んだ人が、それぞれの人生に共感して育てていくから、成長過程でいろいろな新種が発生してくるに違いない。

自分が深呼吸するネットワークに参加したので、身びいきで買った本ですが、結果として一生大事にできる本でした。
アマゾンの中身検索で何作か読めます。
Youtubuのプロモでも代表作が見られます。
併せて、きつかわゆきおさんの『深呼吸宣言』もどうぞ。
[PR]
by linket | 2008-06-11 12:23 | ●深呼吸する言葉合流録 | Trackback | Comments(0)
田口ランディさんのブログで紹介されていたので、目にした人も多いと思うけれど、橘川幸夫さんが始めた『深呼吸する言葉ネットワーク』というのに、2008年5月30日から合流させていただきました。

別ブログ『深呼吸する言葉・hami』を立ち上げたので、実は私のHNはlinketではなく、hami(はみ)だったという衝撃の事実005.gifも、読者の皆様に告白いたします。
以前、メルマガをやっていたとき、hamiという名前を使っていたのだけれど、いろいろと行き詰ってなんとなくズルズルとメルマガ発行から撤退し、昔の名前を隠したまま始めたのがこのexciteblogでした。
exciteblogって、基本設定だと書き手の名前がブログのIDに固定されるので、なんとなくみなさんから『linketさん』と呼ばれ、まあ、それでもいいかというようなまま、早三年という状態だったわけです。
ま、どっちでもいいんですけど、正式には『管理人hamiがやっているlinketという名前のブログ』ということでよろしく!!

えっ? わかりにくい?
では、linketは会社名だと思ってくださいませ。
株式会社linketのhamiです。
改めてよろしくお願いいたします。

また、新しいカテゴリーとて、『深呼吸する言葉合流録』を追加しました。
深呼吸する言葉ブログでは、一日一文百文字以内の厳しい掟があるので、そっちでは書ききれない思いの丈を、exciteblogで書いていきます。
『深呼吸する言葉・hami』の方は、文章が短い分、毎日更新しますのでお楽しみに!!

とりいそぎ、新規活動のお知らせまで。
[PR]
by linket | 2008-06-01 11:23 | ●深呼吸する言葉合流録 | Trackback | Comments(2)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami