人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

c0007384_16112159.jpgピアニストのフジコ・ヘミングさんが、長く売れない不遇の時代を送っているとき、

遅くとも待っておれ
それは必ずやってくる


という言葉に、希望をもらったみたいな話を読んだことがある。
記憶があいまいだが、聖書の言葉だったかな?(知ってる方がいたらご指摘を!)

それを読んで以来、私も折りに触れこの言葉を支えに、未来を信じようと心がけてきた。
それでもまあ、楽しいばっかりでもない我が家なので、毎月、毎月、綱渡りみたいな自転車操業が続いている。

そんな中、息子が志望大学をついに決めた。
ずっとA校とB校のどっちにしようかな?という状態だったのに、いきなりC校にする、と宣言してきた。
A校はレベルは高いが、県外なので一人暮らしが必須。
でも、公立校なので授業料はやや安め。
B校は自宅から通えるし、学校指定校なので合格間違いなし。
でも、いまいち校風が好きではないらしい。
とくにどちらも決め手がなく、息子いわく「消去法でA校」と言うので、親としても応援のしがいがない。

「消去法なら、B校にしてくれない? B校なら家から通えるし、バイトもできるよ。一人暮らしだったら、炊事とか洗濯とか、そんなことに時間とられて、自分の好きなことできないよ。ぶっちゃけ一人暮らしはお金かかるから、どーーーしてもA校がいいならともかく、消去法とかいうならB校にしてくれると助かるなーーー。」

クズクズしているうちに、8月も終わる。
9月になれば、指定校制度の推薦が始まる。
B校なら指定校制度が使えるから、一般入試よりも指定校制度で入って欲しい。
その方が確実だし、11月くらいには合否が決まる(てか、学校内の選抜受かればほぼ合格間違いなし)なのだから、入試戦線に加わらなくて済むというもの。
息子は一芸にしか秀でていないタイプなので、一般入試なんてとても危険だ。
できれば、トットと受かってほしい。
しかしながら、指定校制度で受かれば、Noは言えない。
9月にB校を出してしまえば、確実に受かる分、A校への選択肢はなくなる。

A校は、一般で合格するのはまず無理だと思われた。
なので、10月から始まる推薦入試に賭けるわけだが、レベルが高いだけに受かるかどうかの確約はない。
これに落ちた場合、一般入試合格(つうか、そもそもセンターの受験資格があるのか?)は難しいから、B校の一般を受けるしかなくなるが、息子の場合、一般だとB校合格さえも危ぶまれる。
なんたって、好きなことしかできない息子のバランスシートは、思いっきりいびつなのだ。
トータルな能力を求められる一般入試なんて、どう考えても無理というか、そんな危ない橋を渡らせたくない。

悩む。。。。
「ああ、B校のオープンキャンパスに参加したら、『すっごいよかったよ! ここにする』って決めてくれないかなーーー」
と、密かに祈る私。
夏休みも終わりの先週の土曜日、B校のオープンキャンパスに息子が行った。
早速、感想を聞くと、「あんまり・・・」と首をかしげる息子。
「ダメですか・・・・」
私の思惑は、かくももろく玉砕されたのであった。

次の日の朝、息子が制服姿だったので、
「今日はどこに行くの?」
「C校のオープンキャンパス」
「C校って、志望校に入ってたの?」
「いや、夏休みの宿題で3校以上のオープンキャンパス行かなくちゃだから」

果たして、C校から戻った息子に「どうだった?」と聞くと
「うん」
と、うなづく。
なんですと!?
息子のYesは絶対のYesだ。
やっぱり~Noということは、あり得ないのだ。
「なんで?」
「うん」
と差し出されたパンフレットを見たら、コンピュ○×△□学科の先生も生徒も、この星の人たちではありません。
おそらく、宇宙のどこぞの星雲からやってきて、この地球に新技術をもたらしてくれる宇宙人の皆さんです。
息子は宇宙人気質だと思っていたけれど、やっぱり仲間が待っていたんだね。
なんか、泣けてくる。
レベルなんか全然高くないし、チヤホヤされる知名度ではないけれど、行くべきところが決まってよかった。

いや、本当は、合格決まってから喜べって話だが。
なんだか、希望の光が一筋見えて、肩の荷が降りた気がしている。
我が家でお預かりした宇宙人さん、なんとか一人前になるまでお育てすることができました。
約束どおり、お仲間の元へお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。
我が家を選んでくれたこと、本当に感謝します。

これを突破口に、停滞していることのいろいろが動くんじゃないかというかすかな期待。
そしたら、今日、こんな言葉を聞いたのだ。

遅くとも待っておれ
それはいきなりやってくる


思わず、一人、噴き出しちゃったよ。
いきなりですか?
それではお言葉通り、待っています。
どんないきなりがやってきたかは、またその時々のご報告ということで!
by linket | 2007-08-29 16:18 | ●平熱スピリチュアル | Trackback | Comments(2)
私は無類の枝豆好き。
小さい頃は、ゆであがったザルを抱えて、両手で食べていた。
せっかく大好きな枝豆ですもの、おいしく食べたい!
というわけで、目指すは『料亭の枝豆』の味わい。
今日はそのレシピをご披露しますわ。
そういえば、初レシピ公開?(追記:と思ったら、以前マーマレードジャムがあったことを思い出した。)


c0007384_21355961.jpg枝豆は鮮度が命。
できるだけ早く下ごしらえを。
洗って、さやの両端をハサミで切る
このひと手間(いや、ほんとはひと手間どころか、二手間、三手間だけど)で、豆本体に塩味が行き渡って、居酒屋の枝豆が、『料亭の枝豆』に格上げされる。
もっとも母に言わせると、枝豆ごときにこんなに手間をかけるのは、『ひま人』らしい。
相撲取りになった気分でつかんだ塩をドバッとかけて軽くもみ、そのまま30分以上置く
もしもすぐに茹でない場合は、ここまで下ごしらえして冷蔵庫へ。



2
c0007384_21402688.jpg鍋に多めの湯を沸かし、沸騰したら1.の枝豆を入れる。
再沸騰してから3分茹でる(やや固めです。お好みでどうぞ)。
このとき、面倒くさがらずにアクをすくう
私の場合、息を詰めて、命がけでアクをすくうので、端から見ると鬼気迫るものがあるらしい。
まあ、これも母に言わせば『相当のひま人』






3.
c0007384_21421996.jpg3分経ったららザルに上げる。
ウチワ、扇風機などで手早く冷やすと、色がきれい。
枝豆好きな私は、もちろんここいらで「アチッ!アツッ!」とかいいながら、すでに口に放り込んでおりますね。







4.
c0007384_2144180.jpg冷めたら皿に盛り、お好みで塩を振って仕上げる。
ちなみに、塩はミネラルのたっぷり入ったものがおいしいです。
塩化ナトリウムは塩辛いだけでうまみに欠けるので、料亭の枝豆には不向きです。
汗でミネラル奪われた身体に、ジャリ感のある塩が気付け剤となってくれること請け合いです。
私はビール飲まないけど、片手に枝豆、片手にビールって、好きな人にはたまらないんだろうな。
夏の楽しみとして、ちょっと羨ましいです。





おまけ
c0007384_2145526.jpg今夜はベランダで栽培しているゴーヤで、チャンプルーを作ろうと思ったら、すでに熟れていた。
確かに数日前から黄色くなっていたような気がするが、ベストな収穫時期がわからなくて、放置していたのだ。
熟したゴーヤの種のまわりは食べられると新聞で読んでいたので、試してみた。
ほのかに甘い。別においしくはないけど、食べられる。
ちなみに、息子に食べさせようとしたら、強烈に拒否された。。。。
黄色い皮はどうしたらいいのかな?
もったいないから、食べてみる気でいるが、ゴーヤに詳しい方はアドバイスplease!

教訓:ゴーヤは緑のうちに収穫しましょう。
by linket | 2007-08-22 21:48 | ●魔女修行 | Trackback | Comments(6)

長い長い夏の思い出

c0007384_1434479.jpgとんでもなく暑い日々が続きましたが、皆様、いかがお過ごしですか?
運のいいことに、今年は一番クソ暑い週の前半3日を、涼しい実家で過ごすことができました。

以下、夏休み日記

8月13日月曜日(晴)
この日の明け方がピークという流星群を見るために、朝03:20に家を出発。
高速道を下りてから、ゆっくり流れ星を探そうと思ったら、すでに04:00くらいから空が明るい。
夜明けって、日の出よりずいぶん早いことを知る。
あせって途中のサービスエリアに駐車して北東方向を眺めるも、夜間照明が眩しすぎて目がくらむだけ・・・・。

あきらめて、実家に直行。
05:30に到着したら、母がすでに掃除機をかけていた。
でも、夜中の高速は空いてていいねぇ。
お盆期間中なのに、スイスイ~~。
それに日差しがないから涼しいし、日焼けの心配ないし、ETC使ったら深夜割引で半額近くだし、いいことづくめ。
今度から、絶対真夜中移動にしよっと。

一休みしていたら、同じ町内の兼業農家に嫁に行った姉からメール。
「実家に行く前に家に寄って、枝豆を持っていて!」
すでにお宅の前は05:00頃、通過済みだって。。。
なので、車で20分戻って、枝豆を受け取りに行く。

久しぶりに姉と再会(あれ?2年ぶり?)
枝豆もらって帰ろうとしたら、義兄が
「新しく花作りを始めたから、ハウスの花を見ていけや。」
と、熱心に勧めるので、急斜面を登ってビニールハウスへ。

ハウスの中では、色とりどりのトルコキキョウが咲き乱れている!
と、思いきや、『義兄さん、これはまだ苗では・・・・』
義兄が花作りへの暑いロマンを語り、一応、一通り聞いてからおいとまする。

その足で、枝豆を母の切り盛りする野菜直売所に搬送。
お盆中は別荘に来ているお客さんが多いので、たぶん飛ぶように売れるだろう。
母はまだ来ていないので、別のおばさんに預けて帰宅。

天気がいいので、布団を干している間に、うたた寝。
すると、なんかかび臭い。。。
母は外で働くのがほんとに好きなので、昼間は家は閉め切りなのだ。
「畳干すぞーーーー!」
掛け声と共に、母の孫達を招集して、畳干し(第一弾)。

c0007384_14371430.jpg畳を干しながら屋根を見上げれば、平屋の雨どいが唐松の枯葉で埋まり、それがさらに腐葉土となって、天然のプランター状態に!
マジで雨どいから木が生えてるって。。。これぞ、エコな屋上緑化!ってわけにもいかないので、孫達の中から高いところが好きそうな2人に指令を飛ばし、屋根掃除をしてもらう。

そんなことをしている間に昼。
冷蔵庫の中を勝手に物色すると、冷やし中華が。
子供の頃、私が冷やし中華が好きだったもので、未だ、母は私が来るというと冷やし中華を買っておく。
でもさ、具がないよ。卵もハムも、トマトもないよ。
わかめは賞味期限が切れているから、捨てるよ。
というわけで、キュウリ(姉からもらったキューカンバのようなキュウリ)のみの冷やし中華を食べる。

午後は気になっていた冷蔵庫の掃除。
なぜかこれは毎年、私の仕事になっている。
ということは、去年こなかったので、二年ぶりですか?
賞味期限が平成16年のメンマとか、勘弁してくださいな。
もう、あれもこれも勝手に捨てるからね。

そんなことをしている間に、畳も乾いたようなので、部屋に戻す。
ああ、さっぱり。
明日の仕事にしようと思った隣の部屋の畳に比べると、サラサラ感がまったく違いますわ!
ふぅっ!
「なんかさ、すっごくいいことした気分だね!」
手伝ってくれた若者たちを、姉からもらってきた枝豆ととうもろこしでねぎらう。

おっと、今日は迎え盆じゃないですか!
直売所から帰ってきた母も加わり、ご先祖さんのお迎えの準備。
キュウリの馬づくりを、造詣の得意な娘ちゃんに頼んだけど、
「こ、これは馬ではなくてポニー(あるいはロバ?)では?」
という有様に。。。
ご先祖様、申し訳ありません。
早く帰りたいでしょうから、こんな馬もどきではなくて、足の早い孫の肩にでも乗ってくださいな。

母は車で行きたかったみたいだけど、そんなに遠くはないので、墓まで歩く。
もっとも、墓にはもう誰の霊もいないけどねーーー。
一応、呼び出せば、みんなそれなりに出てくるようで。
きっと、孫やひ孫達の元気なお迎えに、目を細めていることでしょう。
ちなみに、50年以上前に乳児で亡くなった私の兄は、もう生まれ変わっている模様。
こちらの呼びかけに、気配がまったくなし。
そんなこと、誰にも言わないけどさ。

久しぶりに大人数の夕食を用意。
明日の朝こそ、見損なった流星群を見ようかなーーーと、思いつつも、労働の疲れとエアコンなしで寝られる幸せに、気持ちよく眠りについたまま、翌朝を迎えることに。



c0007384_8512635.jpg8月14日(火)晴れ
朝からいい天気!
よし、今日はもう一部屋の畳干しだぁ!
って、その前に、大人数の朝食が待っている。
今日はお盆なので、おはぎ。
実は私、おはぎが作れません。
アンコは母が煮てあったので、ここは料理上手の姪っ子にすべてお任せ。
高校で食物科に通っている姪っ子は、我が家のデクノボーな子供たちに指示しながら、テキパキとおはぎを作ってくれる。
いいなーーー。料理上手の女子。
私はありあわせの野菜なんかでおかずを作り、9時に出かける母に合わせて慌しく朝食。
もちろん、合間に洗濯機を二回回して干す。

一息ついたら、さーーーー、畳干し(第2弾)だーーーー!
手馴れた若者達は、畳の位置をキチンと確認のうえ、青空の下に並べていく。

姪っ子がバイトに行くのを送りながら、スーパーでお買い物。
普段、宅配の野菜やら生協の個人宅配などを利用しているので、スーパーで買い物するのはほんの少しの不足品のみ。
10人近い人数の夕飯の買い物とか、どうしていいのかわかりません。
とりあえず、今日の昼はヤキソバ、夜はカレーライスとから揚げと決めて、ズッシリと肉を買う。

家に戻って、さっき畳干しの際に移動した和箪笥の中を開けてしまう。
ああ、見なければ良かった。。。。
見た以上は、責任取りましょうか。。。
というわけで、にわか虫干しを開始。
母も着物好きではあるが、貧しい中でそれほどの道楽はできなかったはず・・・と思ったら、おそらく誰かからもらったものや、羽織なども含めると、20数枚の着物が出るわ、出るわ。
怖れていたカビはなかったので、一安心。
いずれは私のものになるかもしれない着物たちなので、品定めも忘れずに。

昼はヤキソバと、すでに食べ飽きてきた枝豆にトウモロコシ。
部屋の中は着物たちで修羅場と化しているので、外の木陰にあるテーブルで食べる。
片付けもそこそこに、着物をしまい、畳を戻す。

c0007384_8514386.jpgその後、兄嫁の妹さんの別荘へおじゃまする。
スーパー林道を走っていたら、車のナビは道を認知できなかったらしく、よろよろ迷いながら山を縦断。
妹さんに、カニっぽいダニの標本など見せてもらい、今度は別の道から帰る。
初めて通る道では、初めてみる風景に出会う。
写真の通称『ケーキ山』と呼ばれている山を、この角度から見たのは初めてなのがうれしくて、つい車を停めて写真を一枚。

戻って、さー、夕飯の下ごしらえ!
と思ったら、子供たちに
「花火大会は駐車場確保が必須だから、早く出ないとダメだよ」
とせっつかれる。
えっ?
それでは、18:30出発しますよ~、その代わり、夕飯のカレーライスと空揚げは明日の昼に延期だからね、各自勝手におはぎとか枝豆とかトウモロコシとか、足りなかったら夜店のヤキソバとか食べるように!
兄嫁とつかの間のおしゃべりを楽しみつつ、中学生の姪っ子に浴衣を着せてあげる。

花火、花火、花火!
ここの花火大会は、規模はものすごーーーくちっちゃいけれど、ほんの百数メートル先で花火が上がる臨場感がたまらなくて大好き。
去年は来られなかったし、おととしは雨で延期になって見られなかったので、三年ぶりの花火大会。
一番前に折りたたみの椅子を設置して、開始を待つ。
姉にメールしたら、向かっている途中とのこと。
「一番前のお好み焼き屋と氷屋の前に陣取っているよーーー」とメール。

そして、三年ぶりの花火!!
30分で終わっちゃうので、よそ見している暇なんかありませんの。
なのに、着いたはずの姉と落ち合えず、ウロウロしていたら兄のところの甥っ子が「いた!」と人ごみに走って行きましたよ。
ついていくと、見知らぬ野球少年が。
「お久しぶりです!」
???だれ? 近所の○○さんちのお孫さん? 私、知らないよ。
「やだなーー、こんなイケメン、忘れちゃったんですか?」
と、軽口をたたきやがる少年。
「も、もしかして、やっちゃん?(仮名)」
姉の三男坊じゃないですか。子供の成長は目を見張るばかりだね。

結局、そのイケメン息子と別行動だった姉とは会えず、終了後に母のいる直売所で落ち合う旨のメールがきて、最後の超特大スターマインを満喫する。
観客のどよめきと拍手は、きっとすぐそこで暗躍(?)していた花火師さんたちにも届いていることだろう。

今夜は本当に花火日和のいいお天気でした。
満足、満足。。。
そして花火の後に残ったのは、最高の星空。
天の川が広がっていて、都会の夜空しかしらない子供たちに、
「あれがカシオペア、あれが北斗七星、そしてあれが北極星」
などと、指差して教える。
どうか、都会の空にも天の川が戻る日がきますようにと祈りながら、あわただしい一日はふけてゆくのでした。


c0007384_9303950.jpg8月15日(水)
今日もいい天気! 田舎ではまだ紫陽花が咲いている。
滞在最終日なので、使用したシーツなどを洗濯して干す。
息子にはお風呂場の掃除をしてもらい、経つ鳥後を濁さずってね。
さー、昼のカレーの仕込みだ!と思ったら、兄が「今日は庭でバーベキューをしよう」と言う。
それじゃ、カレーの肉は引き取ってね。
空揚げは作るから。

カレーの仕込みがなくなった分の時間が空いたので、物置と化している廊下の片付け&掃除に着手。
年代物のミシンとか、開かずの押入れの茶箱とか、子供たちもおもしろがって手伝ってくれる。
とはいえ、いきなりネズミの糞の山を踏んづけたり、名も知らぬ虫がウジャウジャ出てきたり、スリルとサスペンスのドキドキ感は、遊園地のお化け屋敷の比じゃありませんね。
さすがに疲れてきたので、私の仕事はここまでにする。
気になるところはまだあるけれど、それは明日からやってくる長姉にまかせよう。

というわけで、お楽しみのバーベキューを開始。
それにしても、今日は暑くないですか?
標高1,000mのこの地で、この暑さって、下界はどんなことになっていると思ったら、とんでもないことになっていたことを後で知りましたが。
あまりの暑さに、兄たちがテントを張ってくれる。
ハエやアブの攻撃もかわせるので、これはいいね。

おしゃべりしながら、ダラダラ食べる。
普段はあまり食べないほうなんだけど、この三日間で、一年分の枝豆とトウモロコシを食べましたわ。
なのに、まだ目の前に残る枝豆に手が伸びてしまう。
おそるべし! 絶対体重増えてるって。

c0007384_10442328.jpgもうデンジャラスな家を掃除するのもいい加減イヤになったので、庭の花を摘んで家の裏にある『オジュウニサマ』に一人で上がる。
この地に人が住み着くずっと昔から、この場所にあったという石の神様。
小さいころから、この場所が好きだった。
以前は、小高い見晴らしのいい場所だったのだが、今は周りの木が大きくなって、鬱蒼としている。
花を手向けて、祈る。
ただ、祈る。
決意表明として、私はここにいるのだ。
もう逃げない。目をそらさない。

夕飯は、遠縁の経営するレストランで、母がごちそうしてくれると言う。
いや、もう、あの、腹一杯なんですけど。
外食あまり好きではないし、ここはひとつ、茶漬けの一杯も食べたら帰りたいところなんですけど。
と、本音を言ったら機嫌が悪くなるに違いないので、
「そんなもったいないから、いいよ。うちはあんまり外食しないし。」
と、言ったのだが、
「貧乏性の娘が滅多に外食できないって言うから、今日はおごってやるのよ、オホホホホ!」
と、遠縁に言って予約をしてきたらしい(-_-;)
姉とその子ども達も加わって、夕食。
はい、おいしかったです。ごちそうさまでした。

それでは、いいかげん帰ります。
帰り道、居眠りせずに運転しきれればいいんですがね。
夜の高速ぶっ飛ばし、23:30に無事帰宅。

長々と読んで頂き、ありがとうございました。
もう二度と、こんな長文は書きません。
by linket | 2007-08-18 14:03 | ●楽しい我が家 | Trackback | Comments(4)

私はずっとそばにいる

c0007384_13212385.jpgあのさ
私はずっとそばにいるから

「あなたのことを遠くから見守っているわ」
とか
「離れていてもいつもあなたを想っているわ」
とか、そんな卑怯な手で
あなたを好きでいたくないんだよ

そばにいたら
些細なことで傷つけあったりもするし
見たくないものを見ちゃったりもするし
したくない喧嘩をしたりもするだろう

それでも私はそばにいたい
そばにいることでしか紡げないふたりを大切にしたいから

そしていつかその先に
by linket | 2007-08-12 13:26 | ●message for you | Trackback | Comments(0)

この胸に抱えた小さな星

c0007384_925388.jpg袋小路にはまり込んでしまったあなたは
「なんでこうなるんだ、どうしたらいいんだ」
と、繰り返す

ああ、こんな時
漆黒の闇にピカピカと輝く
満天の星空があったらいいのに!

人間の悩みなんてちっぽけだって
自分の限界の底蓋をスコンと外してくれるような
大いなる力を感じられればいいのに!

いくら高層ビルからの夜景がすばらしくったって
そこに人間の悩みのちっぽけさをみたりするだろうか?
都会の薄明るい闇は
宇宙の無限につながってはいないのだ

おっと、ないものを欲しがっても仕方ない
それなら私が
あのダイナミックな底力を知っている私が
真実を照らそう

理由なんかじゃなく
結果なんかじゃなく
条件なんかじゃなく
統計なんかじゃなく

なにがあろうとおおむねのところ
人生は大丈夫なようになっているんだよ

そこを信用すると
この胸に抱えた小さな星がピカリと光る
それぞれがそれぞれの星を光らせて
いつか地上を
満天の星の世界にしよう
by linket | 2007-08-01 07:29 | ●message for you | Trackback | Comments(0)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami