Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

<   2007年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

c0007384_1731152.jpgはい、無事にお直し終了しましたわ。
早速着てみましたの。
やっぱり胸元から脇にかけてがスッキリして、見た目も着心地も満足の行く仕上がりとなりましたわ。

実は、襟の両端を10cmずつ詰めたのですけど、裾を5cmしか詰めなかったので、腰紐あたりにチロリンとある『着崩れたときはここ持って引っ張るべし』箇所が隠んぼさんですのよ。
まっ、よろしいじゃござんせんか。
O型のアタクシのことですから、そこはあっさりあきらめましたわ。

ところで、着物のとき、皆様はどんな下着をお召しになっているのかしら?
アタクシは、通販会社『フェリシモ』のボリュームおさえてフラットブラというのを愛用していますの。
上品な総レースにパワーネットが裏打ちされているので、これを着用しただけで着物を着るのにぴったりの胸元になること請け合いですわ。
特に夏場の浴衣なんて、補正のタオル一枚でも減らしたいもの。
かといって、ある程度の補正をしないと着崩れやすいし、見苦しいし・・・という問題が簡単に解決されてしまうんですのよ。

ちなみに『ボリューム抑えて・・・』なるネーミングですが、ボリュームがないくせに引力に負けたアタクシのバストでも、写真の通り使用可です。
文字通り『フラット』になるので、あとはウエストにフェイスタオルを一枚巻いているだけの手軽さですの。

それにしても呉服屋さんでよく売っている『和装ブラ』って、あんまりだと思いませんこと?
乙女心を萎えさせるような『和装ブラ』なる商品は、女子の敵です(断言)!

だって、だって、お出かけ先でアタクシの妖艶な和服姿にクラッとした殿方と、ひとときのアバンチュールなんてシチュエーションになった場合、
「あっ、ダメよ、それ以上はおやめになって!(だって、アタクシ、和装ブラなんですもの)」
と、言わざるを得ないなんて残念すぎますわ!

もしも、和装ブラ着用姿を、殿方に見られても平気などとおっしゃるそこのあなた!
あなたは、男のロマンってものがわかっていらっしゃらないわ!!

例えばね、映画『失楽園』の黒木瞳さんの場合、このようなシチュエーションで襦袢の下はノーブラ(そしておそらくノーパン)でしたのよ。
まさしく男のロマン!って、さすがにそれは相当の自信溢れるボディでないと、逆に男のロマンをブチ壊しかねないので、アタクシは慎ましくご辞退申し上げますけれどもね。

というわけで、せめてもの、フラットブラです。
嬉しいことにお値段も3,000円とお手軽ですのよ。
和装ブラよりもお安いし、つけ心地も楽で、お洗濯も簡単です。

ところで、下着のお値段といえば、知り合いの殿方から、
「昔つきあっていた年上の彼女は、3~5万円のパンツをはいていた」
という衝撃のエピソードをお聞きしましたの!
『パンツ』と言っても、ボトムのパンツのことではなくて、下着の『ショーツ』のことですわよ。

「殿方は、5万円のパンツ(あえて相手に合わせた言い方)だと、5万円分そそられるのですか?」

と、はしたなくも聞いてしまいましたわ。
「関係ないね。」
という殿方のお言葉に、なにやら安心したような、いまさら安心してどうするのかしらん?というような・・・。

いくつになっても乙女心はフ・ク・ザ・ツです♡
[PR]
by linket | 2007-07-26 10:00 | ●平成お着物デカダンス | Trackback | Comments(6)
c0007384_9304449.jpg三年ほど前に買ったシビラのプレタ浴衣。
綿絽のような生地が涼しげで好きな浴衣なんですけど、プレタのフリーサイズって、どうしてこんなにデカイんざんしょ?
9号サイズジャストの私には、どんだけタオル巻いてもきれいに着こなせたことがなくて、イライラが募ります!

いったいどんな体型のおなごを想定して企画しとるんじゃい!!
どうみたって、身長165センチ、13号サイズやんけ!!
大は小を兼ねるったって、無理がありすぎなんじゃ、ボケ!!!

あら、失礼。つい、、、、
ホホホ、質実剛健、良妻賢母たる者、人様を責めるよりも、創意工夫というツールで幸せをつかみ取らなくては!

「ほどいて身幅つめればいいのよね。
脇をつまんで1センチ縫い込めば、1センチ×前後×左右=4センチだから、かなり着心地が違うハズ。」

と思うこと、2年。
最近、ちょっと暇だったので、ついにリッパーに手が伸びましたの!

シャキーーン!

 ♪ほどくのは 簡単~~〈( ^.^)ノヽ(^。^)ノあっそれそれ☆

とばかりに、鼻歌まじりで裾(身丈も5cmほど詰めることにしましたの)と脇をほどきましたわ。
脇のくけ縫い部分をほどいていくと、袖がジャマになるので、袖も取りませう(後で気がついたけど、全部取らなくても、一部ほどけばよかったみたい)。
ついでに、襟も長くておはしょりの収まりが悪いので、10cmほどほどいて切り詰めちまうことに。

 はい、バラバラ~~ヽ( ´ー`)ノ スッキリ♪

基本的に破壊者なので、イライラの原因がバラバラになったことで、ほぼ気は済んでしまったのですわ。
これまでにも修理と称して壊された時計やラジカセなどの犠牲がどれほどあったことでせうか!?

それでも四十路を生きるようになったアタクシ、少しは大人になりましたの。
初志貫徹のため、焦らず、あきらめず、一針入魂!!

予定通り、脇を1センチつまんでミシンでダダダッと縫いましたわ。
あとはくけ縫いをチクチクと・・・と、思ったら、手縫い糸が終わってしまいましたの。。。脱力。。。

後編へつづく!
つもりだったのですが、その後たいしたトラブルもなく完成しましたので、これにて完結。
出来上がり着用写真はこちら

[PR]
by linket | 2007-07-19 17:45 | ●平成お着物デカダンス | Trackback | Comments(4)
c0007384_15113235.jpgよく遊びに行かせていただいているサイトで話題になっていたが、私のところにも『神の目』のチェーンメールが届いた。

えっと、私にメールをくれた人も、この記事を読むかもしれないから断っておくけど、決してあなたを責めたいわけではないから。
ただ、こういうインチキな話が、悪気はないからといって広まってしまうことは怖いと思っているので、私が調べた事実と、感じたことを書きたいだけなので悪しからず。。。。

内容は以下の通り。






-------------------------------------------------------------------------
「すごい写真が来ました!!
from NASA Hubbell Telescope. Make 7 wishes.
ナサのハブル望遠鏡撮影。
「7つの願いをこめて」
「この写真はナサの天体望遠鏡で撮影されたもので、3000年に一度と言われている大
変珍しい現象です。
これは「神の目」と呼ばれています。
この目を見つめる者には多くの奇跡が訪れるといわれており、見るものがこれを信じ
る信じないは関係なく、7つの願いが聞き届けられると言われています。
とにかく試してみて、どのような変化があるか、見てみてください。
この知らせを、「そのかたの願いが叶いますように」と思いを込めて、たくさんの方
にシェアして下さい☆自分だけで独り占めはしないこと。

今日から七日までが最も強いパワーだそうです。」

-------------------------------------------------------------------


なぜか、前述のサイトで紹介されているのとは若干の違いがあったので笑えた。
そちらでは、18人にメールせよ!と書かれていたんだよね。
18人にメールしないと願いが叶わないんだってさ。
叶わなくて結構だ! だいたい18人も友人がいないのさ!
それに比べたら『たくさんの人にシェアせよ』という方が、やや良心的か?

それにしたって、7つの願い事が叶うって、それは2007年7月7日に掛けたわけですか?
ラッキー7がゾロ目なら、なんかいいことあるだろう、と思うのは別に構わないし、この写真に願掛けしたらうっかり願いが7つも叶っちゃった人もいるかもしれない。
だからといって『これを信じる信じないは関係なく、7つの願いが聞き届けられる』ってなに?

 神様、私、7つも願い事が思い浮かびません。
 だから私の分の7つのお願いは、誰か14個のお願いを持っている人にシェアします。


『求めよ! さらば与えられん!』というが、それはなんとなく薄ぼんやりお願い事をしたら、神様が叶えてくれるなんてもんではなくて、『人事を尽くして天命を待つ』ということだろう。
努力もせずに叶った願いなど、7つ叶おうが、777万叶おうが、私はいらないんだよ。

そもそも3,000年に一度っていつなのか?
私は天体通ではないので、やや詳しい息子に聞いたら、学研の図鑑『宇宙』を引っ張り出してきて、この写真はみずがめ座にあるらせん状星雲『NGC7293』だと教えてくれた。
はい、2001年発行のこの図鑑にも、しっかり神の目の写真載ってまっせ!(別の写真だけど)

この写真の出所のハッブルサイトに行ったら英文だったので、翻訳かけてみる。
とぎれとぎれの日本語訳で合成写真という単語が腑に落ちず、さらに調べたら株式会社アストロアーツのサイトで詳しく説明してくれていた。
写真が撮られたのは2002年だというじゃないですか?
で、いったいいつが3,000年に一度と言われている大変珍しい現象なのか?

確かに美しい写真だと思う。
美しいものは、美しいだけでいいじゃないか。
本当に美しいものには、神が宿っているように感じるものだが、だからっていちいち願いを叶えてもらおうとするなよ、さもしいだろ?
美しいものを見たら、自分の中がきれいになるハズなのに、いちいち願掛けするなんて、卑しいだろ?

まあね、最初にこのチェーンメールを作成した人は、友人をちょっと担ぐぐらいの気持ちで、まさかこんな騒ぎになって、私ごときにブログでインチキ呼ばわりされるのは不本意かもしれない。
でも、目に見えない世界なのをいいことに、お手軽な癒しやスピリチュアルが横行しているのが私には耐えられないんだよ。
みんな、ちゃんと『自分の目』で見て、頭で考えて、心で感じてくれよ。
自戒を込めて書く。
だれかの声に惑わされるな。
それがどんなに大きな声でも、幸せそうでも、みんなが信じていても、「自分にはそれが必要か?」ということを、自分の胸に聞いてみろ。

ちなみに『猫の目』もあります。
この写真に願いを掛けると、きまぐれに叶うらしいよ(嘘
[PR]
by linket | 2007-07-15 15:11 | ●平熱スピリチュアル | Trackback | Comments(6)
c0007384_12351781.jpg母との確執というか、私が一方的に母に対して持っているわだかまりみたいなものを、カテゴリー『母と仲良くしたいけど』に書きなぐってきた。
書き始めた当初は、いままで言えなかったことが書けたカタルシスと、ほんの少しの罪悪感がない交ぜだった。

それでも、この一連の記事にいただいたコメントは、
『母の愛は海よりも深いのに、そんなことを言うなんてひどい!』
という一般的な意見よりも
『私も母に対してそう思っていた。よくぞ言ってくれた!』
という共感の声が圧倒的に多かったので、ああ、自分だけじゃないんだと思って、相当ホッとした。

戦中派の母を持つ娘たちにとって、共通の問題点みたいなものがあるような気もしているが、それを論理的に深く調べるようなことは私にはできないので、あくまでも個人的な話を書き連ねてきたのだけどね。

そんなことをしているうちに、積年の恨みは、なんとなく前より少なくなったような気がする。
母とガチンコの喧嘩をしたわけでもないし、私が心を入れ替えて母の愚行を許したわけでも、母が過去の過ちの数々を土下座して謝ってくれたわけでもないのにだ。

私は母に対して、あらぬ期待をしていたのだと思う。
『理想の娘であれと望むなら、お前も理想の母であれ!』
というような欲望を持っていたのだ。
私は母の言う『よい子』であるために、子供ができるあらん限りの努力をしてきた。
その努力に見合うだけの『いい母』を、求めていたのだろう。

なんでも相談できて、いつもにこやかで、なにがあっても私を守ってくれる母。
それは、目の前の自分の母にはあり得ない特質ばかりであったにもかかわらず、私は本で読んだ「母を訪ねて三千里のマルコの母」とか、テレビで見た「大草原の小さな家のキャロライン母さん」みたいなものを、勝手に母に求め、そして与えられないことに絶望し、母を憎んだ。

だけど、母は母なのだ。
近所でも評判の働き者で、人当たりがよく、忍耐強い反面、身内には感情的に当たり、言わなくてもいいひと言を浴びせかけるような人なのだ。
私とは趣味も、人生に対する考え方もまったく違い、だからと言って悪気はなく、愚直で、単純な人間なのだ。
隣のおばさんだと思えば「いい人」の部類なのに、母というカテゴリーに入れた途端、マイナスポイントレベルがピピピピピィーーー!とつり上がってしまうわけだ。

そんな身勝手な思い込みが、だんだんなえてきた。
敵視していた母が歳とともにパワーダウンしてきているということもあるが、結論を言えば、
「母と仲良くしたいと思っていたけれど、所詮、私と母は仲良くできるような人種同士ではないということに気がついた」
というのが、最近の心境だ。
仲良くはできないが、家族として協力したり、共感したりして、他人よりもちょっとだけ親密につきあえばそれでいいかっ!と思えば気が楽だ。
母は、忙しく貧しい中、三食食べさせてくれ、人並みなものを買い与え、時には勝手に自慢に思ってくれて、こんなひねくれ娘に手をあげることもなかった。
そのことには素直に感謝している。
あれは母なりの愛だったのだろう。
私の愛とは違うけど。

実はしばらく母に会っていない。
この夏は二年ぶりに実家に帰る予定なので、実際会ったら、またその一挙一投足にムカムカするかもしれないけどね。

そしたらまたご報告しますわ。
とりいそぎ、近況のお知らせまで。
[PR]
by linket | 2007-07-13 12:35 | ●母と仲良くしたいけど | Trackback | Comments(5)

心配はいらない

c0007384_17575737.jpg自分が重くてしんどくて辛くて
誰かに恨みごとなんか言いたくなるとき

私は離れているのだ
忘れているのだ

近くに行こう
思い出そう

なにも心配なんかしなくていいんだ
[PR]
by linket | 2007-07-11 17:57 | ●無駄人間になってやる | Trackback | Comments(2)

呪いよりも祈りを

c0007384_2353672.jpgわけもわからず、ひどい目に遭った一週間だった。
探られたり、試されたり、泣かされたり、脅されたり、(心を)踏んづけられたりで、ヘトヘトになった。
前の私だったら、折れていたと思う。

でも不思議なことに、こんな状況で世界が輝いて見えるのだ(精神異常かもしれないが)。

人生で最悪のことがあった同じ日の夕方、きれいなきれいな夕焼けが眼前に広がった。
曇っているのに、雲の切れ目からのぞいた太陽が空を金色に染める。
雨が少しだけ降っていた。
車の運転中だから振り返れないけれど、知ってるよ。
私の背後には、虹も出ているんでしょう!?
ありがとう。
どっちを世界の現実として受け取るかと問われたら、私は迷わず美しい景色を信じます。

最初は私を落としたヤツをこてんぱんに呪おうと思ったのだが、いろんな形でいろんな人(や存在)が愛を送ってくれるから、ろくでなしを呪うなんてろくでもなく思えてきた。

呪いよりも祈りを

人生ってまんざらじゃないと思うのは、欲しいバッグを手に入れたときなんかではなくて(いや、まあ、それはそれで人生のささやかな楽しみではあるが)、こんなふうに誰彼なく感謝したくなる夜なのだった。

先のことはわからないけれど、運があれば道は開ける。

きっと。
[PR]
by linket | 2007-07-03 23:53 | ●平熱スピリチュアル | Trackback | Comments(5)

陽のさす方へまっすぐと

c0007384_14274791.jpgスーパーで買った豆苗(グリンピースの種のもやし?)を調理した際、残った根っこ部分だけ水に浸けておいたら、脇芽が伸びてこんなに大きくなった。
さすがに買ったときと同じ程度というわけにはいかないが、なんだか得した気分の二毛作。
味噌汁のアクセントくらいにはなりそうだわ。

食卓の上に置いておいたら、芽の先が揃って陽のさすほうへ伸びてゆく。
ああ、私も、この命のようにまっすぐであろう。

私という種に詰まっている伸びゆく力を信用しよう。
誰にもジャマなんかされないし、たとえ切られたとしても懲りずにまた伸びてゆこう。

単純に
すくすくと
伸びゆくままに

陽のさす方へまっすぐと
[PR]
by linket | 2007-07-01 14:28 | ●無駄人間になってやる | Trackback | Comments(0)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami