人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

<   2005年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この間、ある人に「性格悪い女」とまじめに言われた。
仲のいい友人(この世に敵なしという感じの女なのだが)からは「絶対に喧嘩したくない相手」と評される。
最近はかなり温厚になったが、昔は本当によく怒っていた。
男を殴ったこともある。
とっくみあいの喧嘩をしなかったのは、体力的に不利なのがわかっていたからだ。
五年ほど前、勤めていた会社で買ったデジタルコピーに不具合が出たときに営業の態度が悪かったのでごねたら、営業所長以下4〜5人の男が雁首揃えて形ばかりのお詫びにきたことでスイッチが入り、営業所長を泣かせてしまったこともある(年下の女が正当論ぶちまけたくらいで泣く方もどうかと思うが)。
このときはあまりに怒りすぎたので、相当疲れた。
『憤死』という言葉があるが、本当にうっかりしたら怒り死んでいたかもしれない。

人はなぜ怒るのか?
自分が快適ではないからだ。
誰かや何かが自分の安心や快適を奪うので不安になるのだ。
不安を解消するためには、誰かからエネルギーを奪うのが手っ取り早い。
だから親は身近にいる弱者である子どもを怒るのだ。
「あんたのこんなところが悪いから、私は機嫌が悪くなった」といって、一見無尽蔵に見える子どものエネルギーを巧妙に奪い取る。
もちろん、大人として子どもの間違いを指摘しなければならないこともあるだろう。
でもそれに感情的であることは必要ないはずだ。
事実をきちんと伝えればいいだけなのだから。
「怒鳴らないとわからない。叩かないと身に付かない。」
なんていうのは、忙しい大人の怠慢でしかないと私は思う。

子どもはそんなにバカじゃない。
そしてそんなにタフでもない。

エネルギーを奪われてばかりいた子どもは、今度は自分の不足分をどこかで補わなければならない。

鬱っぽくなったとき、私は自分を律する理性のコントロールができなくなった。
不安で不安で仕方がなかった。
でも誰かからエネルギーを奪う気力ももはや尽きていた。
小さくなって、できるだけ人と関わらずにじっとうずくまっていた。
もう二度と元の明るくて元気でおこりっぽく情にもろい自分には戻れまいと思った。
ときおりぶっ壊れた扉の隙間から、昔しまい込んでいた感情が吹き出してくる。
暴力的な感情は、いままで信じていた自分という概念を容赦なくぶっ壊しにかかる。
その先にあるものは、絶望だと思って怖かった。
必死になって自分を保とうとしたが、それまでの私は結局私の怖れていた絶望に向かって解体されてしまうこととなる。

絶望の先にあったのは、希望だった。
腐って社会から見捨てられた果実の中から、ある日ガサッと芽を出すように、私の中から新しい自分が育った。
私はもう不安じゃないし、誰かのエネルギーを奪わなくてもいい。
それはなんという自由だろうか!
by linket | 2005-07-17 09:54 | ●鬱は自立の第一歩 | Trackback | Comments(0)
昨日兄からお中元が届いたと電話があり、ついでに久しぶりに少し話した。
その折、兄の口から
「親父の葬式のとき、お袋があんなに泣くとは思わなかったな。」
という言葉が出た。
「いつも喧嘩ばっかりしてたのに、やっぱり愛していたのかな、って思った。」
「あっ、それは私も思ったよ。やっぱり夫婦ってそういうものなのかなぁって。」
高校生だったあのときは、そう思った。母は結局は父を愛していたのだろうと。
でも母の感情は、そんな簡単なものではなかったのではないかと、今は思う。
兄は、父と母が喧嘩ばかりしていたと証言したが、私にはその記憶がない。
七歳の歳の違いを感じる。
母はこの七年の間に、二十歳年上の夫に気持ちを訴え、自分を伝えようとすることをあきらめたのだろう。

母はとにかく黙々とよく働いた。
家は酪農家だったのだが、父が農協に勤めていたため、母は家事と育児をこなしたうえで、普通なら夫がする仕事の全部をも担わなければならなかった。
働いて、働いて、具合が悪くても働いて、誰にも助けを求めなかった。
子どもながらに、なんとか母を助けたいと願っていたが、母はそれを拒否し、拒否するくせに、自分ばかりが苦労していると全身で怒っていた。
怒ることをエネルギーにして、生きているかのようだった。
もちろん頑張って考えれば、笑っていた母や、優しい母の思い出もあるのだが、未だに母のことを思うと、不機嫌に黙り込むか、ヒステリックに怒鳴り散らす場面ばかりが浮かんでしまう。

去年のお盆に帰省した折、私は義姉からこんな話を聞いた。
「台所でソバをうっていたら、玄関の方で『こんばんわ』って男の人の声がしたんだけど、行ってみたら誰もいなかったんだよ。お盆だから、お義父さんが来たのかなって、子ども達と言ってたんだ。」
「きっとそうだよ。お父さんはソバが大好物だったからね。」
ファザコンの私など、父の霊がソバに惹かれて家に戻って来たなんて、もう涙ぐんでしまう話である。
で、この話を早速母にしたところ、
「そんなことあるわけねえだんべ!(群馬弁)」
と母は言い捨てた。
仮にだ、相手に恨みがあったとしても、父が死んでもう二十年以上が経ち、一つや二つの恨みも時の流れに解けゆき、穏やかに思い出になるもんではないのか?
もしも、かけらでも愛していたなら、
「そうかもしれないねぇ」
と、しみじみ故人を想い出す場面だと思うのだが。

母はいまでも怒っているのだ。
自分や家族よりも、仕事や人づきあいを優先した父に、猛烈に怒っているのだ。
このまま死なせたら、娘としては相当後味が悪いので、なんとか母に幸せな余生を送ってもらいたいと願っているが、年寄りの長年の考え方の癖を変えるのは、そう簡単ではない。

「どうせ一生我慢してきた人生なんだから!」
と、よく母は言う。
ずっと我慢してきたからこそ、これからは少しは穏やかに暮らして欲しい。
頼むから、祟り神にはならないで。
あなたの人生は賞賛に値する。
四人の子どもも立派に成人し、それぞれ所帯をもって人並みに暮らし、親に無心をするようなこともない。
父はあなたにかなりの我慢を強いただけでサッサと死んでしまったかもしれないが、一応あなたが暮らして行くに困らないだけのものは残したはずだ。
あなたは社交的で、人の相談によくのり、正直で、働き者で、人望も厚い。
もういいじゃないか。十分苦しんだじゃないか。
もう怒りつづける必要はないじゃないか。
一生懸命生きたのだから、自分の人生を否定しないで欲しい。

いまさらなにも変わりはしないと、あなたがあきらめても、私はあきらめない。
まあ、せいぜいしつこい娘を生んだしまったことを後悔するんだね。
by linket | 2005-07-16 22:40 | ●母と仲良くしたいけど | Trackback | Comments(0)

大人のやり方ってズルイ

<遺産相続放棄>貴乃花親方「連絡順番が逆」と不快感
私は四人兄弟の末っ子。
今年40歳になるというのに、いつまでたっても実家ではガキでワガママで世間知らずの末っ子扱い。
一連の若貴騒動を見ていると、「そうか、これが大人のやり方なのか」と理解はしたものの、私はやっぱり貴の味方についてしまう。

詳しいことは知らないから、どっちが正しいかという意見は書かない。
でも、私は間違っても批判されても、自分でしゃべり出した貴を応援していた。
財産とれるようにとか、部屋がつづいていくようにということではなく、彼が彼の人生を自分で積み上げていけるようにと。

みなさんが書いているように、貴はガキなんだと思う。
だけどガキが大人になろうとするときは、悪あがきするもんでしょ?
かっこわるくて、つじつまあってなくて、自分でもそんな自分が嫌いで、もだえて、苦しんで、、、
本来なら十代で通り抜けるべきそんな大人への階段を、彼から奪って、エレベーターに乗せてしまったのは誰なんだろう?
彼がもう一度自分で階段をのぼりたいとゴネていることを、私はいまさらガキくさいこと言ってんじゃねえよ、とはとても言えないのだ。

父が死んだとき、私は高校二年だった。
家は農家で、すでに兄が継いでおり、財産としての畑や持ち家は兄が相続するということで他の兄弟は遺産相続を放棄した。
もっとも高校生の私には、それについての打診はなかった。
すべてが決まってからその話を聞き、私は母にかみついた。
「なんで一言先に言ってくれなかったの!?」
母は適当に謝ってガキの私の言い分を受け流した。
悔しくて陰で泣いた。
財産が欲しかったからではなく、父の子どもという立場では一緒なのに、高校生というだけで蚊帳の外に出されていたことが許せなかったのだ。

ガキは自分がガキだからなるのではない。
まわりがガキ扱いするからガキのまま大人になれないのだ。
ガキ扱いしておいて、「ガキは困るんだよね」というのが大人のやり方なら、やっぱりそれはズルイよ、とガキのたわごとを言ってみる。
身近にガキを置いておかないと自分が大人に見えないから、一番若いモンをいつまでもガキ扱いして大人になるのを阻止しようとたくらんでいるのではないかと、うがった考えまで浮かぶくらい、私はガキである。
健全な人間関係は50:50(フィフティー:フィフティー)だと私は思っているのだが、先に生まれた優位さを、人はほとんど年下に譲ろうとはしない。

そんな現実にぶつかると、うっかり一人で生きていきたくなる。
人と関わるのは難しいことが多くて、考えすぎると足がすくんでしまうこともあるけど、それでも人と関わる人生を、私はあきらめたくないと、最近になってようやく思えるようになった。
そんな私の前に、必死の形相で変わろうとする貴が現れた。
私はその姿に共感し、勇気をもらったように感じている。

いつか私が母親や兄弟から、大人になったと認められる日がくるんだろうか?
まあ、認められなくてもいいけど、私は私の階段を自分のペースで上がっていこう。
誰のせいにもせずに。
by linket | 2005-07-05 14:44 | ●母と仲良くしたいけど | Trackback(1) | Comments(13)
どこにいても なにをしていても だれといても

この胸に 自由でおおらかで たくましく

美しく さわやかで たおやかな私を抱えていよう

だれに知られなくても 誤解をされても

自然物である私というものからつながるエネルギーの源の

十全さを信じていよう
by linket | 2005-07-03 16:46 | ●無駄人間になってやる | Trackback | Comments(0)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami