人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

なんでかわざわざ見に行ってるし、『ギガス』

<開花>世界一のっぽの花、4年ぶりに 東大付属植物園

c0007384_15121245.jpg東大付属植物園(通称:小石川植物園)が、私は大好きだ。
最近はあんまり行かなくなっていたけど、前はよく仕事を抜け出してまで出かけていた。
小石川植物園を舞台に、小説一本書き上げたくらいに好きだ。

で、その小石川植物園で、四年ぶりに珍しい花が開花したというので、ついフラフラと見に行ってしまった。
こんなものわざわざ見に行くなんて、私も相当の変人だな、と苦笑。
友人誘ったら、行く!というので、一緒に行く(思えば、友人も変人だな)。

サトイモ科コンニャク属の多年草「アモルフォファルス・ギガス」という花で、高さは3m以上で世界一!
とはいえ、だから何?な花なのだが。。。。

一般公開は今週末のみの『限定』効果のせいか、結構、変人(というか、たいして興味もなさそうなのに、どこにでも出没するおじさんとおばさんは人なのか?)が繰り出していた。
うへーーーっ。
いつもは(梅とさくらの季節以外)、全然人なんかいないのに。
ゾロゾロと整列して温室に入っていく。
で、見上げて「ホホーーーッ!」と写真撮って、出る。

はい、終わり。

開花期間は2〜3日と短く、一晩だけ訪花昆虫を惹きつけるために、臭い匂いを発するそうだが、そう言われれば臭いような・・・(単に、付近の下水とかが臭かったかのかもしれないが不明)。

右に写っている緑の葉っぱは、花が咲いていない若いギガス。
最近、ブログにアップする花の写真がネタ切れになっていたので、小石川植物園行ったら撮ろうと思ったのに、この時期は本当にお花が少なかったよ。

今日は残暑がそこそこ厳しかったので、簡単に一回りしてすぐに帰ってきてしまったけれど、ここには大きな樹がたくさんあってうれしい。
できるなら、小石川植物園周辺のマンションに住みたい。
そして借景でいいので、毎日緑を眺めて暮らすのだ。
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/6923156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by linket | 2007-09-09 15:13 | ●浮き世ネタ | Trackback | Comments(0)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami