Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

憧れの胡麻竹下駄でありんす

c0007384_9501141.jpg久しぶりに着物ネタですの(アタクシ降臨)。
お着物は着るだけならそれほど手間ではないのですけれど、着る前の半襟付けだの、着た後のお手入れを考えるとかなりの手間になりますでしょう?
就職してから忙しくなってしまって、正直、アタクシの出番なんかなかったのでございますわ。

それでもまもなく浴衣の季節。
浴衣でしたら半襟いらないし、半幅帯で、帯揚げ帯締めもなしで、素足に下駄。
お洗濯も洗濯機で可能ですもの。
俄然、アタクシの大和撫子魂も再燃してまいりましたの。

というわけで、まずはずっと欲しかった下駄を買いましたわ。
それが写真の胡麻竹下駄でありんす。
桐の台の表面に、胡麻竹というのが貼ってあって、胡麻っぽいツブツブが、素足に気持ちいいざんす。
考えてみれば、竹の履き物って初めてですが、履いたときに足がヒンヤリするのでびっくりしました。
暑い夏にはちょっと嬉しいヒンヤリ効果ですわ。

実は、去年縫った浴衣を着て、出かけておりませんの。
今年はぜひこの浴衣に胡麻下駄でお出かけしたいものですわ。
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/6139209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by okimuff at 2007-05-22 10:43 x
いいですね。私、卒業式に来た娘の着物、まだちゃんと片付けてな~い。
去年縫ったと仰る浴衣、ステキですね。珍しい柄。モダン?その昔、私も女物、男物両方縫いましたっけ。もうできない。去年の夏、娘は店員のオバちゃんの言いなりに、みょうちくりんな浴衣を買ってきて(高価!)私に叱られましたっけ。こういう商売ってひどいと思う。
Commented by linket at 2007-05-23 08:58
◆若い子たちはおしゃれなのに、浴衣とかになると途端に自信がなくなって勧められたものを買っちゃいがちですよね。
という私も、若いとき着物のキャッチセールスで100万円ほどローン組まされたクチなのですが。
なにごとも経験して学ぶのです、、、多分。
Commented by あびちゃ at 2007-05-27 19:22 x
はじめまして。時々覗かせていただいていました。
私日本舞踊をやっているもので、着物を着る機会が非常に多いんですけど、渋いこと言っちゃうと浴衣はやっぱり藍染めか白地に紺の柄、博多の献上をキリッとしめて。(江戸っ子なので、気分だけ)
linketさんのゆかたはちょっと着物感覚?でも素敵ですね。
と、前置きが長くなりましたが、下駄素敵ですね。竹が張ってあるのですか?今は余り言わなくなりましたけど、素足には黒塗りの下駄、白木は足袋をはいてって言われました。でもこの下駄なら素足がよろしそうですね。先日、昔いただいた日和下駄の鼻緒を替えました。いただいたまましまい込んでいたので、歯の裏には自分でゴムを張りました。今は爪革を売っている履物屋さんが少なくて、探すのに苦労しました。
私も着物は自分で仕立てますが、猫にじゃまされるので暑いときでも締め切って縫ってます。
初めてお邪魔したのに長文になってしまいました。ごめんなさい。
Commented by linket at 2007-05-27 22:08
◆あびちゃ様、いらっしゃいませ。
コメありがとうございます。
日本舞踊って、す、すいません、伝統文化をなさってる方に、こんなテキトーなブログのコメいただいて恐縮です。

>浴衣はやっぱり藍染めか白地に紺の柄、博多の献上をキリッとしめて

踊りをやってる方って、やっぱり着こなしとか身のこなしとかが粋で、そういうの似合いますよね。
うらやましいです。私のようなテキトーな者が真似ると、とんでもなく野暮になるのですよ(T.T)

下駄は竹が貼ってあります。
この竹を反らずに貼れる職人さんが少なくて、今はあまり生産されていないのだとか。
ところで下駄のゴムって自分で貼れるんですか?
祖母の日和下駄があるんですけど、ゴム貼ってないからなーーーって、放置してありました。

そうそう、爪革といえば、着物雑誌の『七緒』の最新号で、爪革の作り方載ってました(実物大型紙付)。
小物を作るの好きなので、買おうか迷ったんですが、『雨に日に着物着るほど根性ないじゃん!』と見送ったのですが。
Commented by あびちゃ at 2007-05-28 11:07 x
伝統文化なんてそんな大したモンじゃありません。お弟子さん(母が師匠なので)の中にもまともに着られない方の方が多いかも。
着物は江戸時代のワンピースですからね、好きに着りゃ良いんだと。
日和下駄のゴムはですね、ホームセンターで同じ幅のものを探して滑らないように彫刻刀で筋を入れて、極細くて短い釘を打ちました。linketさんと同じく手作りがすきなので。多分年代も同じくらいでしょうかね。
雨の日の着物も良いもんですよ、小雨位なら挑戦してみては?
Commented by linket at 2007-05-28 15:34
◆彫刻刀で筋!入れるのですか?
そうかぁ、私もやってみよう。

最近、着物を着ている方、増えましたよね。
見ているだけでも嬉しいです。
というか、私たちの年代になると、絶対、洋服より着物の方が勝負に勝てる気がする。
いや、いまさら誰と、なんの勝負しようというのかは秘密だけど。
by linket | 2007-05-21 09:50 | ●平成お着物デカダンス | Trackback | Comments(6)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami