Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

七色の光になって♪(『千の風になって』のメロディで歌おう!)

c0007384_7535352.jpg髪がだいぶ伸びてきて鬱陶しくなったので、カットに行った。
カットで行く美容室は、かれこれ10年以上通っていて、私と同い年くらいの男子が一人でやっている。
鬱がひどかったときに、やる気満々の美容室には恐ろしくていけなかったところ、友達がこの美容室を紹介してくれた。
植物のように静かな兄さんが、まるでやる気がなく(やる気はないが腕はある)淡々と仕事をしてくれるので、すっかり気に入って、それからずっと通っている。

この間、紹介してくれた友達が、
「美容室に行ったら、富山さん(仮名)、なんか病気したらしくて、すんごい痩せちゃってたよ。」
と、言っていたのだが、ほんとに人相が変わるくらい痩せていた。

「うわぁ! ほんとに痩せたね。」
「死んじゃいますかね。」
「平気、平気。私、死にそうな人ってわかるんだ。」
「えーっ? そうなんですか? やっぱり黒く見えるんですか?」
「う~ん、見えるわけじゃないんだけどね。黒っていうよりも、明るく白っぽい感じがするっていうか?」
言葉ではうまく言い表せないけど、高村光太郎のレモン哀歌にある『かなしく白く明るい死の床』みたいなものが伝わってくるんだ。
「だからね、富山さんはまだ死なないよ、大丈夫。」

いや、ほんとは全部の人の死期がわかるわけではないが、まあ、ここはプラシーボ効果をねらってはったりをかましておく。
嘘から出た誠ってことわざもあることだし、たとえ死ぬことがわかったとしても、私は誰かに対して「あんたは死ぬ」なんて予言したりしない。
本当の本当には未来は変えられるからね。

地方から出てきて、いまだひとり暮らしの富山さん。
「ねえ、こっちに友達とかいるの?」
「いませんよ。というか、もともと友達いないんですよね。」
「やっぱり。」

一人だからといって寂しがるわけでもない自立した静けさが富山さんにはある。
そこが楽なんだよね。
積極的にはなにかとつながろうとせず、かといってそれについて自己否定もしないから、すごく素直に彼は彼なのだ。
だけど普段元気に生活してるときはそれでいいけど、なにかあったとき、人は絶対に誰かの手をわずらわせないといけなくなるだろうから、ついおせっかいな私は
「あのさ、もしも倒れるとか死にそうとかいう時は、私が予約した日にしなよ。そしたら面倒にならないように、全部手配してあげるからさ。」
と、言ってみた。

「とりあえず、田舎に家族とかいるんでしょ?」
「ええ、まあ。」
「じゃ、遺体の始末はその人たちがやってくれるから、救急車とか、警察とかの対応は任せてよ。」
こんな縁起でもない話をすると、怒る人も多いのだが、富山さんはちゃんと自分の死後についても想定していて、フラットに聞いている。
「ほんと面倒だから、死ぬときは消えてなくなりたいですよ。」
「ああ、きれいに生きてるとね、七色の光になれるらしいよ。」
「マジですか?」
「うん。私、チベット密教が好きでそういう本読んでるんだけど、別に僧侶とかじゃない普通のおっさんでも、真摯に自分の人生を生き切ると七色の光になって、後に残るのは髪の毛と爪だけなんだって。」
「へぇーー、それ、いいですね。」
「たださ、7日間くらい、遺体を静かなところにほっとかなくちゃいけないらしいよ。」
「7日間も発見されないのは難しいですよね。」
「店の入口に『旅行中です』とか張り紙して、奥の部屋で死んじゃえば(あくまでも自然死の話。自殺はダメだよ)。」
「そうですねぇ。」
「そしたら7日目くらいに私が発見してあげるよ。警察では迷宮入りの事件になるけど、髪の毛と爪をみて『ああ、富山さんは七色の光になったのね、よかった』って、空を仰いでお祈りするよ。」
「いいなぁ、それ美しいなぁ。」
普通、ここでいいなぁって言わないよ、と話を振っておいて思うが、なんか富山さんならほんとにそんな風に静かに死んで、七色の光になれそうだ。

「いや、でも長生きしてよ。私、ここがなくなったら、すごく困るから。」
[PR]
by linket | 2007-04-26 08:06 | ●メメントモリ(死に支度)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami