Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

「さくらん」は、大人の女のロマン(ガキにはお勧めしません)

c0007384_10503077.jpg『さくらん』を観てきました。
好みはすごく分かれると思うが、私はもう大好きだ!
着物がきれいで、映像がきれいで、出演している女子達がきれいで、音楽が椎名林檎ときたら、もうストーリーなんかなくても、ちょんまげの男子がかっこ悪くても、ゆ、許す!

先週、DVDで『SAYURI』をみて、もうそのバカバカしさ加減の影響で、『さくらん』の評価がアップした部分も否めないんだけどね。
ハリウッドよ、これでいいのか?
というか、映画ってほんとに監督のものなのだね。
SAYURIのメチャメチャな設定に、日本を代表する役者陣の渡辺謙・役所広司・桃井かおり・工藤夕貴がなにも言えなかったことに驚き。
もうこれはどこか存在しない空想の世界の物語であり、着物からインスピレーションを得た着物っぽい衣装なのだと思わないと、着物好きとしては観ていられなかったよ(T.T)

それに比べたら、ほんとに『さくらん』の着物は美しかった!
もちろん、この時代にゼブラ柄の帯とかどうよ?なのだが、美しいから許す!
色づかいといい、柄合わせといい、ほんとに美しかった。
それともこれを美しいと思うのは、日本人DNAのなせるワザで、アメリカ人から観たら、SAYURIの方が美しいと思うのかは謎だけど。

観に行く前に、他の人のプレビューを見ていたら
「ストーリーがなくてつまらない」
という書き込みが結構多かったのだけど、ほら私って、過去世、花魁だったことあるものだから(!?)、もう共感しまくって泣きました(映画館で泣いていたのは、多分、私くらいだと思うが)。
あのラストは、私的にはものすごいハッピーエンドで、女的束縛からの解放!!みたいな爽快感でした。

それにしても、菅野美穂は役者だね。
ドラマ『大奥』での着物姿も美しかったけど、花魁姿の菅野美穂の色っぽいこと!
女ってさ、若けりゃいいわけじゃないのよね(それには努力が必要だけど)。
あと、木村佳乃って、三井○友銀行のCMで「銀行だってすぐにお返事くれるのに!」なんて言ってる姿しか知らなかったが、えぐい大人の女を演じられる女優なんだねぇ。

知り合いの高校生女子が『さくらん』を観に行きたいと言っていたので、先に観た感想をメール。

たぶんあなたが観てもつまらないと思う
大人の女のロマンだから、お子ちゃまにはわかるまい
着物はきれいだったけど、エロシーンがあるから、彼氏と観に行っちゃダメだよ


こんな美しい映画、ガキに見せてやるもんか!
百万年早いわ!
女性の監督が撮っているせいか、セックスシーンが多い割りにげんなりしなかった。
見えそうで見えないように、綺麗に撮っていたしね。
だけど、セックスが楽しくない人は観に行かない方が賢明です。
そこに嫌悪感があると、きれいなものまでグロく見えるばかりなのでね。

ほんとの大人の女はさ、男で決まる人生なんかイヤじゃん。
いくらお侍が正妻にしてくれるとか言ってもさ、そんなのが幸せかよ?って、疑っちゃうような人生経験積んでるわけじゃん。
いくらお金や権力がある男だって、囲われるだけなら、ギヤマンの中の金魚となんら変わらないし。
別に江戸時代の遊郭の花魁じゃなくても、今の私たち女子だって、そう変わらない選択肢の中を生きているような気がする。
水から出たら生きてはいけないと知っていても、狭い金魚鉢から出てみたい。
『そんなことできやしないけどね・・・』
って、ため息ついてる女たちに、だからこの映画はロマンを与えてくれるのさ。


う〜ん、DVD買うかも。


「さくらん」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/5719883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2007-03-16 10:33
タイトル : 「さくらん」豪華絢爛大江戸花絵巻!!
 江戸吉原遊郭を描いた安野モヨコ原作漫画の映画化、「さくらん」(アスミック・エース)。こんな絢爛豪華でエロティックな映画…吾輩、大好きです(^^;!  江戸・吉原遊郭の玉菊屋に幼くして売られた少女(小池彩夢)は、“きよ葉”と名付けられるが、女郎・花魁になることを嫌がり脱出を試みる。しかしすぐに連れ戻され、女将(夏木マリ)から『お前は、ここから出ては生きていけない』と告げられる。それでも『ここから、自分の力で出て行く』と息巻くきよ葉に、花魁“粧ひ菅野美穂)”は『お前は、花魁にはなれん。ムリ』と...... more
Commented by takakozuno at 2007-09-02 04:26 x
キャーーー!!
『さくらん』観ましたよ!!大好きでした。
モントリオール世界映画祭続きの記事にかいております☆
Commented by linket at 2007-09-02 09:31
◆takakozuno様、記事読ませていただきました!
ネネネネ、いいでしょーーー。
映像きれいでしょーーーー。
あれを美しいと思うのは日本人のDNAだからですか?
ぜひ、外国の方々のさくらんの感想などを、チラッと教えて頂きたいです。
世界映画祭での日本映画って、甲子園で地元の高校応援している気分です。

こちらでは『さくらん』のDVDが出ていたのでした(一ヶ月も気がつかなかった!!)
Commented by takakozuno at 2007-09-02 13:39
劇場での反応よかったですよ。結構受けていました。でも、予告編でかなり損してますね。実際に観てみると、全女性に観て欲しい一本でした。
Commented by linket at 2007-09-03 07:48
◆改めて、さくらんの公式サイトで予告編観たんですが、確かに本編の方がいいですね。
その辺り、ハリウッドの方が予告編はうまいなーーー。
「予告編だけ観ればよかったよ!!」みたいな作品ばっかりだし・・・。

個人的には、美波ちゃん(アンナちゃんに蹴られる役でかわいそうだった)が好きです♡
by linket | 2007-03-15 10:48 | ●平成お着物デカダンス | Trackback(1) | Comments(4)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami