人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

自信を持つということがわからない

c0007384_8243820.jpgいつもえらそーなことを書いているが、実は自信がない。
自信がないというか、自信がある状態というのがよくわからない。
『自信がある』という人は、いったいなにを頼りにそう言い切れるのか教えてほしい。

道端のサザンカがきれいに咲いていた。
サザンカは自分に自信がないなんて思わないだろう。
だってサザンカはサザンカにしかなりようがないから。

私だって私以外にはなりようがないのだが、そもそも『私』というものがうつろいやすくはかない幻みたいなものなので、そんなもの頼りにできるわけがない。

親の庇護下にあったときは、明確な指針があった。
親の言うことをきき、家の手伝いをよくやり、成績がよくて、友達が多く、先生にも気に入られ、つまりは社会に出て役に立つ人間になれ、と親はあらぬ期待(ありがちな期待というべきか?)をかけていたように思う。
もちろんそんな都合のいい人間にはなりようがないのだが、末っ子で要領がよく小器用だったことが災いして、私の自信はいかに人から評価されるか、という基準で培われていった。

その基準で言ったら、成績はよかったです。
なんのバイトをしても、使えると言われていい気になっていたし、正直、私のようにできないヤツは馬鹿にしていた。
他人と比較して優れていることを自信というなら、あのころの私は自信満々だったな。
あんなのが『自信』というものの正体なら、今の私はもういらないけどね。

この間、『もっと自信をもって! 大丈夫だよ。自分の積み上げてきたことを振り返ってみて』と言ってもらった。
そんなことを言われて改めて考えてみたら、自信がなくて、不安で、心細くて、それが凝り固まって重く冷たく凍っている自分の一部を発見してしてしまい、非常にとまどっている。

こんなに自信がなかったのかよ、私・・・。
でもそれは、多面体である自分の中のある一部分でしかない。
見てみないふりをすることはもうできないけれど、そこにばかり焦点をあてても、真実の私が浮かび上がるわけではない。
そういうダークな部分があることを受け入れつつ、これからどんな自分になっていきたいか? の方が私には重要だし。

私はもっと伸びていきたい。
愛する人と上手にコミュニケーションがとれるようになりたい。
自分が受け入れられないと思うことに、過剰反応しないようになりたい。
愛することと、現実的に生きることのバランスをうまくとれるようになりたい。
つまらないことに傷ついたり、過去のパターンで泣いたりしたくない。
そしてなにより簡単にあきらめたくない。

自信はなくてもいいかな。
真摯に人生を積み上げているうちに、「おお、これが自信を持つってことか!」ってわかったら、またご報告しますわ。
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/5028141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by メイプル at 2006-11-27 18:01 x
私はいつも・・・小さい時からずっと自信がなくて、大人になって就職しても、先輩からも後輩からも認められたことはなくて、
なにをするにも心配が必ず先にいて、無数のシュミレーションを頭で考えて、これならいいかな?と一番妥協したものを行動に起こしている気がする。
これは半分癖のようになってるかもしれない。
Commented by linket at 2006-11-28 08:35
◆メイプル様、こんにちは。
自分の考え方・行動の癖って、自分ではなかなか気がつかないし、ましては変えていくのは大変ですよね。
でも、「私はこんな人間だから仕方ない」と思うのと、「こんな人間だけど、こうなりたいな」と思って少しでも努力していくことは絶対に違うと思うのです。
自信なんかなくていいです。
きっと、メイプルさんは相手の気持ちを大切にして、心優しい方なんでしょう。
でも、心配や不安から人生を選ぶ必要はないんです。
そういうのって、せっかく誰かのことを思ってやったことでもうまく回らないんです。
小さなことでも、自分の心が喜んでプカプカしちゃうようなことを選択する癖を今度はつけたらどうでしょう?
Commented by takakozuno at 2006-11-29 11:42 x
linketさん!わかります、その気持ち...ていうか
私は...自信のない人の方が,人間的に共感がもてます。
映画監督でもウッディ・アレン大好き人間です。
「自信をもつ」ってのは確かに大切だと、思うんです、でも、
それ以外にももっと大切な「もつ」ことがある気もするんです...。
Commented by linket at 2006-11-30 08:35
◆自信って、自分を信じるというよりも、自らを信用することじゃないかな、と最近思います。
なにがあってもなるようになっているし、心配することはない、と信用する。
ウッディ・アレン? 検索してみたら、この監督の映画はみたことないのですが、takakozuno様ご推薦なら、今度見てみようかな?
Commented by takakozuno at 2006-11-30 10:16 x
えーとっ!別に聞かれてないんですけれど、書かせて下さい(苦笑。

ウッディ・アレンは今でも一年に一度は映画を作ってるような多作な人なんですけど(苦笑、好きと言った私がいうのもなんですが、結構波があるので、借りる時は要注意です。
代表作として名高いのは『アニー・ホール』『マンハッタン』、喜劇として私自身が純粋に楽しめたのは『誘惑のアフロディーナ』『ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう』(オムニバズだった気が)『カメレオンマン』(社会派コメディ)『ブロードウェイと銃弾』などなど...。たくさんみて色々よかったのですが、上記しか思い出せないなぁ。
で、個人的にかなり好きで元気になれるのは『アリス』『ギター弾きの恋』です。長々と失礼しました。
Commented by linket at 2006-12-01 11:22
◆>上記しか思い出せない
って、十分ですよ! すごい暗記力です。さすがです。
私、カタカナ名を全然覚えられない人なので、洋画は誰が作っていて、誰が出ているのかよくわかっていません。
&西洋人はみんな同じ顔に見えてしまうという。。。。
&ストーリーもすぐに忘れてしまうという。。。。
「いい映画だったような気がするけど、どんな話だったっけ?」

この間、久しぶりに映画(トゥモロー・ワールド)を見に行こうとしたら、近くの映画館でやっていなかった・・・。
とりあえず、今は窪塚君の「同じ月を見ている」をやっと借りてきたので、今週中に見なくては!
by linket | 2006-11-26 08:24 | ●鬱は自立の第一歩 | Trackback | Comments(6)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami