Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

ピーカンの青空

c0007384_2136321.jpg

あなたに逢ったとき 私の中にピーカンの青空が広がった
どこまでも澄んで 抜けるように蒼くて 風がキラキラしている空
こんな青空が自分の中にあったなんて!!
驚きと喜びで私の心は クルクル回り出す

思えばあれが恋だったのね
まだ私はあなたのことをなにも知らず
あなたも私のことをなにも知らなかった
ただそこに ふたりの間に ピーカンの青空

私でないあなたは
どんなに私があなたを好きでも
私の願うとおりには愛してくれない

あなたでない私は
どんなにあなたが私を好きでも
あなたの願うとおりには愛せない

どうしてっ!?
なんでっ!?

そんな感情が湧き上がるたびに 私の空に雲が広がる
いつか雲は特大シュークリームみたいな積乱雲になって
雷で台風で竜巻で大嵐だ!!!

こんなに辛いなんて
あなたを好きになんかならなきゃよかった

泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて
泣き尽くして泣き疲れて ふと思った

私たちのピーカンの青空は変わんない
感情の厚い雲を追いはらえばそこに

ほら

ずっとずっと変わらないピーカンの青空


■追記■
よしもとばななさんの小説『 High and dry (はつ恋)』を久しぶりに読み返して、私の中からこぼれてきた言葉を拾ってみた。
世の中はいいことばかりじゃないけれど、悲観してあきらめるわけでも、誰かを糾弾するわけでもなく、自分が変わってしまえば世界は変わるんだってことを思い出させてくれる本です。
世界は変わるってことは、決してファンタジーってわけじゃないって、私たち大人があきらめないでいなくては!
[PR]
by linket | 2006-09-14 20:02 | ●message for you

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami