Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

ピーカンの青空

c0007384_2136321.jpg

あなたに逢ったとき 私の中にピーカンの青空が広がった
どこまでも澄んで 抜けるように蒼くて 風がキラキラしている空
こんな青空が自分の中にあったなんて!!
驚きと喜びで私の心は クルクル回り出す

思えばあれが恋だったのね
まだ私はあなたのことをなにも知らず
あなたも私のことをなにも知らなかった
ただそこに ふたりの間に ピーカンの青空

私でないあなたは
どんなに私があなたを好きでも
私の願うとおりには愛してくれない

あなたでない私は
どんなにあなたが私を好きでも
あなたの願うとおりには愛せない

どうしてっ!?
なんでっ!?

そんな感情が湧き上がるたびに 私の空に雲が広がる
いつか雲は特大シュークリームみたいな積乱雲になって
雷で台風で竜巻で大嵐だ!!!

こんなに辛いなんて
あなたを好きになんかならなきゃよかった

泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて
泣き尽くして泣き疲れて ふと思った

私たちのピーカンの青空は変わんない
感情の厚い雲を追いはらえばそこに

ほら

ずっとずっと変わらないピーカンの青空


■追記■
よしもとばななさんの小説『 High and dry (はつ恋)』を久しぶりに読み返して、私の中からこぼれてきた言葉を拾ってみた。
世の中はいいことばかりじゃないけれど、悲観してあきらめるわけでも、誰かを糾弾するわけでもなく、自分が変わってしまえば世界は変わるんだってことを思い出させてくれる本です。
世界は変わるってことは、決してファンタジーってわけじゃないって、私たち大人があきらめないでいなくては!
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/4555036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takakozuno at 2006-09-19 10:05 x
実は、ひそかにお!窪塚の作品をなにかまたご覧になったのかなとか思ってました(笑。
当ては外れましたが元気が出るメッセージにかわりない。
つくづく思うのですが、「罪を憎んで人を憎まず」の逆バージョン(?)で、「誰かに失恋しても、できるならその人にマイナスの感情をもったりせずに、恋する心は失いたくない」と思いますね。
Commented at 2006-09-20 00:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by linket at 2006-09-20 08:54
◆窪塚君は、ピーカンの青空というよりも太陽です!(オイッ! ←もしも窪塚君本人が読んだときの気味の悪さをおもんぱかって、自らつっこみ)

『恋する心』なんて簡単に失えるもんではありません。
私はもう恋なんかしない! と強く思っていますが、恋は突然やってくるので、いきなり『恋しちゃったの』とか言い出したら笑ってください。

でも人と関わるのはすばらしいです。
痛くなったり、切なくなったり、気持ち伝わらなくてどうしようもなかったりすることも含めて、自分が成長していくためには、やっぱり誰かと関わっていくしかないので。
私の一番の欲求は、自分がもっともっと成長していくことなので。
by linket | 2006-09-14 20:02 | ●message for you | Trackback | Comments(3)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami