人気ブログランキング |

Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

♪母さんが夜なべをして、うそつき鼻緒縫ってくれた〜〜

c0007384_12344124.jpg娘ちゃんの浴衣のために、下駄を新調しましたの。
それにしても、素敵な下駄って、どちらにあるんですの?
ほんとにどれだけのお店とネットを巡ったことでせうか!
安かろう悪かろうは見るのもイヤですし、妙ちくりんな和柄は好みじゃござんせんし、
私も娘も甲高幅広の足なものですから、できれば鼻緒はすげていただきたいし、、、
と絞り込んで行きますと、お値段が全然素敵じゃなくなるんですのよ!
ティーンエイジャーに、2万円近くもするものを買い与えたりしません、これ鉄則!!
お金を出すのがイヤとなれば、後は知恵を出すしかないですわね。


c0007384_12345779.jpgまずは、ヤフオクに出店している下駄屋さんで、黄色の鼻緒の下駄を落札しましたの。

←←こちら←←2,800円

ほんとは無地の黄色が欲しかったんですけど、手頃なのが見あたりませんの。
こちらはお値段かわいい割に、鼻緒をすげてもらえるというのが落札の決め手に。
ありがちな和柄はいまいちですけど、前ツボの赤も希望通りでしたし、
浴衣の柄に入っている菊の花が、かかとのところに描かれているのも気に入りましたわ。


c0007384_12353315.jpgこれにレースを縫い縫いしようっていう魂胆ですのよ!
このアイディアを思いついたときには、そりゃ、もう、小躍りして喜びましたわ!
レースだけじゃなくて、凝った織りのチロリアンテープや、ビーズを刺繍した
リボンなんかを使っても素敵かも、、、と遠大な夢が広がるじゃありませんの。
これでもう、どんな野暮な下駄でもドンと来いですわ!
浴衣に合わせて手軽にリフォーム。
パクリで『うそつき鼻緒』と、命名させていただきましたのよ、悪しからず。
←赤いレースもインパクトがあって捨てがたいのですけど、今回は白をチョイス。


c0007384_12354751.jpg端っこは、ほつれないように糸で結んで、鼻緒の中に押し込んで縫い止めます。
このとき、下駄の塗りを傷つけないようにお気をつけ遊ばせね。
あとはレースがめくれたりしないように、要所要所を縫い止めておけば完成ですわ!
鼻緒を縫うなんて大変そうですけど、前ツボの隙間にレースが入りさえすれば、
案外簡単なので、皆様もぜひお試しあれ!




■追記■
あろうことか、花火遊びをして帰ってきた娘ちゃんの下駄のレースは、
無残に黒ずんでおりましたの。。。。
チッ、外して洗わなくちゃ、、、、
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/4284052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by takakozuno at 2006-08-08 09:28 x
チリメン?みたいでステキですね〜〜。和製赤毛のアンの世界!下の浴衣もかわいい〜〜〜!あーー、私も浴衣もってきたのに、もう夏が終わりそうだ..。
Commented by linket at 2006-08-08 16:20
◆着てください、着てください!夏が終わっちまいますよ~!
↓下の記事のモスグリーンの帯結びなら、胴に二巻きしてチョウチョ結びにして、端っこになる2枚を結びの後ろからかぶせているだけなので、簡単ですよ!
言葉で説明するとちょっと分かりにくいかもだけど、やってみるとなんとなくわかると思うのですが。
浴衣の帯なんて、ほどけなければいいんですよ、ほんとです。
Commented by takakozuno at 2006-08-11 23:01
こないだ、こっそり着てみました。帯が、短いかも(大焦)!?!下のアイデア、かなり使えそう!挑戦してみよう...。
Commented by linket at 2006-08-12 13:53
◆帯が短いときは貝の口という結び方がいいですよ。
最近の帯は長めのが多いんですが、私も姉からもらった帯や自分が高校生の時に買った帯は短いです。
短い帯なら短いなりに、ほどけなきゃいいんです!
もしも、ヤフー会員なら、わかりやすい動画のページあるんですが・・・。
http://woman.yahoo.co.jp/02/yukata01/douga/index.html
by linket | 2006-08-06 12:35 | ●平成お着物デカダンス | Trackback | Comments(4)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami