Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

生まれ変わったらもうこんな紫陽花みたいな悲しい想いはしたくないと思って生まれてきた

c0007384_11211661.jpg6歳年下の友達と買い物に行ったら、店員さんにまた親子と間違われた。
単品でいれば実年齢より若くみられることが多い私なのに、彼女と一緒だとなぜか母親役。

「ちなみに、彼女が私の娘だとして、いくつくらいだと思ったんですか?」
と前から聞いてみたかったことを店員さんに尋ねる。
「ええと、、、22歳くらい?」
「で、私はいくつだと思ったんですか?」
「・・・・」
実年齢41歳としても、19歳のときの子供。
もしも私が37歳くらいに見えていたらとしたら、15歳のとき産んでなくちゃいけないじゃん。
まあ、絶対にないとは言わないけど、金八先生じゃないんだから(古すぎ?)、もっと考えてからものを言おうね。

それにしても、顔は全然似ていないのに、なぜかいつも親子や姉妹に見られる二人。
似ているところといえば、彼女が『クソ意地』が悪くて、私が『底意地』が悪いところくらい。
どっちがましかは、二人の間で結論が出ていないが。

もしも生まれ変わりがあるのなら、きっと彼女と親子とだったときがあるんだろうな、と思う。
それもメチャメチャ仲の悪い・・・というか、お互い譲らなくて、落としどころがない関係。
それでも今生、まためぐりあって、仲良くなるチャンスがあったことに感謝します。

生まれ変わりなんていうといきなり胡散臭いけどさ、私はあると思う。
思うというか、生まれ変わりがあるって設定のほうが、この世のいろいろなことが腑に落ちる。
私はスピリチュアルなことに興味があるが、かといって普通の人が見えない世界が見えるといって脅したり、金を集めたりする人は絶対に信用しないし、たとえ私の知らないことを知っているからと言って他人の言うことの信者になってしまわないように、いつも慎重であるよう気をつけている。

そういう態度のうえで薦めるのだが、もしも生まれ変わりについて興味があったら、まずは『魂の伴侶』を読んでみてください。
この本には、アメリカの精神科医であるブライアン・L・ワイス氏が、前世療法で癒した患者たちの実話を収めている。
ワイス氏の語り口はとても冷静で、読者に対しても、常に自分が納得しないことには疑り深くあるべきだと説く。
この本は、「なにかわけのわからない不思議な話」ではなくて、「アメリカのある病院での臨床ルポルタージュ」なのだ。
ワイス氏は他にも前世療法の本を出しているのだけれど、私はこの『魂の伴侶』が一番好き。
生まれ変わりなんて信じない人がフィクションとして読んだとしても、特上のラブロマンスとして感動すること間違いなしの太鼓判です!

生まれ変わりとか信じてなくても、
「あー、今度生まれ変わったら、美人になりたいなぁ!」
とか言ったこと、あなたにもあるでしょ?
だからね、生まれ変わりがあるのなら、いま生きているこの設定も
「あー、こんな風に生まれたいな」
と思った結果だと思うのよ。
表面的にはメチャメチャで、いやなことも多かったりするけれど、ほんの少しの注意深さと、もう少しの忍耐力があれば、きっと人生はもっともっと意味があるものになると思う。

私は今生、もう紫陽花みたいな悲しい想いはしたくないと思って生まれてきたの。
紫陽花は悲しい花だと思っていたけれど、自分の悲しい思い出にかぶせていただけなのね。
紫陽花はきれいな花。
ただ、そう思えるようになって嬉しいです。
[PR]
by linket | 2006-06-09 11:21 | ●平熱スピリチュアル

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami