Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

いよいよ衣替え! やる気満々、夏本番! 着物だってクールビズ

c0007384_849475.jpg先日デパートに出展されていた組紐屋さん前をうろついておりましたら、職人のおっさんが夏用の帯締めをいろいろと広げて見せてくださり、
「昔は夏用の帯締めなんてなかったんだけど、夏になると帯締めが売れなくなるから、何十年か前に俺らが考えて夏用を作ったんだ。」
と、おっしゃるではありませんか!
そ、そうだったのですね!!!
夏用の帯締めとは、まさに
『バレンタインデーにはチョコレート』
『クールビズにはノーネクタイが映えるシャツ』
的な売り手の都合によって誕生した商品だったというわけです。

ならば賢い消費者としては、そんな商魂の片棒を担ぐのは辞めましょう!
地球温暖化防止のためにも、夏に帯締めが必要になるような暑苦しい堅苦しい時代錯誤な装いは、この際サッパリと捨て去ろうではありませんか!
もうね、夏は浴衣ってことで。
男がネクタイをしなくていいなら、女がお太鼓を結ばないくらいどうということはありません。
浴衣に気軽な半幅帯で、どこにでも行きましょう!
(ただし、あくまで自己責任でね。結婚式に着て行って、恥かいても責任持たんよ)。

というわけで、写真の糸切り指輪買いました。
いつもながら唐突な話の展開ですが、政府が推奨するクールビズを実行するという大義名分の元、今年は浴衣を縫うのです!
だってね、昨今の浴衣ブームで、巷には百花繚乱の浴衣があふれておりますけれど、プレタ物って、なぜにあんなにデカいのですか?
身長159cmの私でさえ、おはしょりはダブダブ、身幅はガバガバ。。。。
いくら大は小を兼ねるって言っても、いったい誰に着てもらいたくて企画・販売したのか謎です。
体に合った浴衣なら、補正などなくても楽に美しく着こなせるはずですのに、こんなブカブカ浴衣じゃ、とても涼しくなんて着られやしません。

ならば、やっぱりお仕立てですわ。
そりゃあね、お金に糸目をつけずにプロに注文できれば苦労はないんですけれど、なぁに、半世紀前まで女子ならもれなく縫えたであろう浴衣ぐらい、平成を生きる私にもできないわけはありませんことよ!

平成女の心意気ってわけで、糸切り指輪です。
なにせ、和裁をするには、一心不乱に運針しなければならないでしょう?
運針のリズムを乱さないためには、一分の隙も許されないってわけです。
昔ならば糸切り歯で、キリキリと糸を噛み切ったところでしょうが、私は歯に自信がないのでそんな原始的な手法は使えませんの。
そんなとき、この糸切り指輪を左の人差し指にはめておけば、わざわざを鋏を取らずとも、簡単に糸が切れるらしい(まだ使っていないので控えめな表現)。
ホホホ、どなたですの?
「鋏を手に取った方が、手早く確実に糸切りができるんじゃねぇの?」
などと野暮なことをおっしゃる方は!?
確かによく考えれば、新品の布に引っかけて、カギザギが!! なんて危険性もなきにしもあらず。。。の代物ですが、刻印されているお花のモチーフがあまりにもキュートなので、思わず買ってしまったのよ〜。

ともかく、夏を前にやる気だけは満々です。
浴衣生地が届いて早、一ヶ月余り。
とっとと取りかかりたいと気持ちはあせるものの、またもや頼まれたコスプレ衣装を縫っているため、自分の浴衣は後回しに。。。。
待ってろ! 夏!
[PR]
by linket | 2006-06-01 07:46 | ●平成お着物デカダンス

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami