Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

マーマレードジャムはお好きですか?

c0007384_11305287.jpgトラックバックさせていただいたのは、パトリス・ジュリアンさんのRecycle ichigo jam

この時期恒例の、マーマレードジャムを作る。
市販のマーマレードジャムは好きじゃないけど、これはねぇ、ほんとにおいしいんだから!!

夏みかんの皮を薄く剥いて、ひたすら刻む。
包丁を使っていると、だんだん無心になって、最後には涙が出てくる。
別に悲しいとか、悔しいとかそんなんじゃなくて、ああ、私、疲れていたんだなぁと思う。
他人の想いとか、要求とかが、知らないうちに私をぼんやりとさせてしまう。
だけどそれは自分勝手な誰かのせいというわけでもなく、私自身に余裕がなかったということで。
だから、泣く。
くすんだ私を磨くように泣く。

刻んだ皮はまず塩でもんでしばらくおき、流水でザーザー洗う。
洗った皮にひたひたの水を加え沸騰したらザルに上げる×3回。
当たり前だが、煮るたびに皮の風味は落ちるので、苦みがお好きな方は一度でもよいかも。
私は苦いのが苦手なので、ひたすら煮る。
己の苦みも洗うように、3度煮る。

c0007384_11431957.jpg種が入ると苦くなるから、丁寧に取ってから果汁を搾る。
O型の私は『丁寧』が苦手。
でもひと手間を抜かなかったものは、やっぱり出来上がりの味が違うから、ここは辛抱、辛抱。
おおざっぱな私の密かな修行をするように、レトロな『ジュウーサー』(昔フリマで500円で購入)でジュウジュウ搾る。
ギュウギュウと言いたいところだが、『ジュウ』と果汁を搾ると、『サー』と下から出るから、『ジュウーサー』という名前をつけたんだってさ。
そのダサいシンプルさ故に、1953年発売以来のロングヒット商品。
今でも買えるこのジュウーサーは、新品だと8,400円也。

うっかり捨ててしまいそうなワタと絞りかすを量り、重量2倍の水を入れて、5分煮たら網でこし、ワタなどに含まれるペクチンを抽出する。
これがないとあのとろり感が出ない。
実と皮とワタと、なに一つ欠けてもマーマレードはできない。
このパーフェクト感は、マーマレード作りが好きなことの理由のひとつ。
なに一つ、無駄なことなどないんだよ!

刻まれた皮と、搾った果汁と、煮出したペクチンを鍋に入れ、砂糖を加える。
量は上記総量の同量〜半量くらいまで。
どうせすぐに食べてしまうので、私はいつも材料の1/2の低糖で。

あとはひたすら弱火で煮る。
アクを取るのは手間だけど、やっぱりきれいに仕上げたいから丁寧にアクを取る。
煮すぎて固いジャムになるのは悲しいから、何度も何度も煮詰まり加減を確認しながら味見。
ほろ苦いは春の味。
琥珀色のジャムがとろりと煮上がって、私の休日も終わる。
手間を惜しまず丁寧に、それが私の仮題なのだ。
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/3817975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ダルメシアン『ボス』 ~.. at 2006-05-03 14:50
タイトル : 宮崎の名物紹介・・・日向夏
宮崎のおみやげで、人気のある果物といえば、やはり『日向夏』でしょう。... more
by linket | 2006-04-22 10:47 | ●魔女修行 | Trackback(1) | Comments(0)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami