Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

大人のやり方ってズルイ

<遺産相続放棄>貴乃花親方「連絡順番が逆」と不快感
私は四人兄弟の末っ子。
今年40歳になるというのに、いつまでたっても実家ではガキでワガママで世間知らずの末っ子扱い。
一連の若貴騒動を見ていると、「そうか、これが大人のやり方なのか」と理解はしたものの、私はやっぱり貴の味方についてしまう。

詳しいことは知らないから、どっちが正しいかという意見は書かない。
でも、私は間違っても批判されても、自分でしゃべり出した貴を応援していた。
財産とれるようにとか、部屋がつづいていくようにということではなく、彼が彼の人生を自分で積み上げていけるようにと。

みなさんが書いているように、貴はガキなんだと思う。
だけどガキが大人になろうとするときは、悪あがきするもんでしょ?
かっこわるくて、つじつまあってなくて、自分でもそんな自分が嫌いで、もだえて、苦しんで、、、
本来なら十代で通り抜けるべきそんな大人への階段を、彼から奪って、エレベーターに乗せてしまったのは誰なんだろう?
彼がもう一度自分で階段をのぼりたいとゴネていることを、私はいまさらガキくさいこと言ってんじゃねえよ、とはとても言えないのだ。

父が死んだとき、私は高校二年だった。
家は農家で、すでに兄が継いでおり、財産としての畑や持ち家は兄が相続するということで他の兄弟は遺産相続を放棄した。
もっとも高校生の私には、それについての打診はなかった。
すべてが決まってからその話を聞き、私は母にかみついた。
「なんで一言先に言ってくれなかったの!?」
母は適当に謝ってガキの私の言い分を受け流した。
悔しくて陰で泣いた。
財産が欲しかったからではなく、父の子どもという立場では一緒なのに、高校生というだけで蚊帳の外に出されていたことが許せなかったのだ。

ガキは自分がガキだからなるのではない。
まわりがガキ扱いするからガキのまま大人になれないのだ。
ガキ扱いしておいて、「ガキは困るんだよね」というのが大人のやり方なら、やっぱりそれはズルイよ、とガキのたわごとを言ってみる。
身近にガキを置いておかないと自分が大人に見えないから、一番若いモンをいつまでもガキ扱いして大人になるのを阻止しようとたくらんでいるのではないかと、うがった考えまで浮かぶくらい、私はガキである。
健全な人間関係は50:50(フィフティー:フィフティー)だと私は思っているのだが、先に生まれた優位さを、人はほとんど年下に譲ろうとはしない。

そんな現実にぶつかると、うっかり一人で生きていきたくなる。
人と関わるのは難しいことが多くて、考えすぎると足がすくんでしまうこともあるけど、それでも人と関わる人生を、私はあきらめたくないと、最近になってようやく思えるようになった。
そんな私の前に、必死の形相で変わろうとする貴が現れた。
私はその姿に共感し、勇気をもらったように感じている。

いつか私が母親や兄弟から、大人になったと認められる日がくるんだろうか?
まあ、認められなくてもいいけど、私は私の階段を自分のペースで上がっていこう。
誰のせいにもせずに。
[PR]
by linket | 2005-07-05 14:44 | ●母と仲良くしたいけど

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami