Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

骨、そんなに大事ですか?

「渡さない!」貴親方が前言撤回、若と遺骨バトル
今日は友達に借りたDVDで「世界の中心で愛を叫ぶ」を観た。
こ、これは平井堅の「瞳をとじて」の壮大なプロモーションビデオですか?
まぁ、それはおいといて、白血病で死んだ昔の彼女の遺灰をオーストラリアの風にまいていたのが、実に気になる。

骨、そんなに大事ですか?

個人的には、骨は骨としか思えない。
もしも肉体が死んでも私を構成するなにかが残っていると家族が思ってくれるなら、骨なんかより空想でもいいから魂とか星とか風とか、それが無理ならせめて遺影の中に、私のかけらを探してほしい。
骨はやめようよ。だいいち美しくないし。生々しすぎだよ。

だいたいね、大事にしたいなら、生きてるうちにやろうよ。
あたたかい手を重ねて、愛してるって伝えようよ。
たとえこの肉体がいつか朽ち果てようとも、
たとえこの愛が未来永劫つづかないとしても、
いまここにある想いを出し惜しみするなんてもったいないよ。
そんなもったいないことしてるから、伝えられなくなったとき、後悔しまくりで骨に執着しちゃうんじゃないのかな?

そもそも、骨なんか残すから騒動のもとだと私は思う。
聞くところによると、最近は遺骨の始末に困って電車に忘れたふりしてしらばっくれたり、他人のお墓に勝手に入れちゃったりする人もいるそうだ。
遺骨をそんなふうにされた場合、元の持ち主(つまり死んだ人)は成仏できなかったりするんだろうか?
そんなこと考えると、この世が成仏できない霊魂ばっかりでうまってしまいそうなので、私はどんな死に方をしても、どんな弔い方をされても、成仏できるって信じたい。
本物の神様や仏様なら、そんな迷える人こそ救って下さるはずでしょう?

骨はお墓に入れなければならないと思っている人が多いけど、実はそうでもないんですね。
お墓に入れずにずっと側に置いておいてもいいし、粉状にして『節度をもって』まくなら、散骨できる場所もある。
自分の私有地であれば、そこに散骨してもOK。
庭にお父さんの遺灰をまいてもいいわけです。
だからって、オーストラリアの大地(それもアボリジニ人の聖地)にわざわざ遺灰をまくのはどうなんだろう?
たとえばね、あなたの家の庭がすごくきれいで、知らない人がやってきて
「死んだ母はお宅の庭が大好きだったので、ここに母の遺灰をまかせていただきました」
って言われたらどうよ?
そりゃ、ないでしょう!

というわけで、おそらく私の骨を始末してくれる子ども達へ
一生貸家暮らしなのに、墓だけ買うのも私たちらしくないし、骨は遺灰にして適当に(ただし合法的に)始末してくれればそれでいいです。
私はちゃんと成仏しますので、ご安心くださいませ。
くれぐれも私が行きたがっていたイギリスのキュー植物園とかに遺灰をまくようなことはしないように!
私は生きたように死んでいくことを本望だと思っているので、そんな自己満足なことをして、大好きなキュー植物園にご迷惑かけるようなことをしてほしくはありません。
それより費用と時間を使うなら、自分たちが行きたいところに行きなさい。
生きているうちに。
そうじゃないと、今度はあなたの子どもがあなたの想いを遂げるために、宇宙とかに行って遺灰をまくハメになるからね。
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/2050425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 妄想to悪口 at 2005-06-14 21:19
タイトル : 「渡さない!」貴親方が前言撤回、若と遺骨バトル
遺骨は渡さん! 先月30日に死去した大相撲の二子山親方(元大関貴ノ花、享年55)の日本相撲協会葬が13日、東京・両国国技館で営まれ、部屋を継承した貴乃花親方(32)=元横綱=が喪主(遺族代表)を務めた。父の遺骨を管理していた兄・花田勝氏(34)=元横綱3代目若乃花=から遺骨を借... more
Commented by kei at 2005-06-15 10:57 x
この場合、すでに「骨」は単なる物質としての「骨」の扱いではなくなっていると思うので、linketさんの指摘は微妙に的を外れているように思います。
故人に対する感情がないとは言いませんが、二の次になっているのは間違いないでしょう。
手段が目的化し、執着のたどり着く先が「骨入手」なだけです。
つまりは、勝ち負けのトロフィーみたいなものです。
「骨」を入手できれば、対外的にも自分が勝者で正しいということを誇示できるわけです。
財産や愛人関係が絡むと良くあることだと思います。
「喪主」騒ぎでは一勝一敗ですから、次は骨争奪です。
そういうわけで、彼らにとっては人生がかかった一大事ですから、骨は大事なのです。
Commented by linket at 2005-06-15 11:58
◆個人的には若の味方
若の方が昔から好きです。
たとえ今、道に迷って世間から後ろ指さされようとも、彼には生きることに妥協したくないという真摯な態度を感じます。
骨を奪い返すことで、若が勝者と認められるならどんどんやってくれ!と思います。
ただ、そんなことをしてもきっとむなしいだけでしょうけど、、それもやってみないとわからないでしょうから。
Commented by kei at 2005-06-15 14:22 x
私も若のほうですね。
貴のほうは非常に自己中心的言動が多く、それがまた妻の景子の影までビシバシ感じさせてくれるので・・・。
景子がもともと好きではなかったということもあるし、見境なく周りの人間を叩いてるだけにしか見えない。
逆に若の奥さんが「子供ももう物事がわかる年だし、マスコミを通して初めて知るのではなく、直接話をしてほしい」と言うのは筋がとおっている。
貴も景子ももうちょっと自己プロデュース力を養ってほしいところ。

若が勝者になるというより、貴がこれ以上勘違いして付け上がるのを抑えるためにも負けだけはダメじゃないかなぁと。
Commented by linket at 2005-06-15 15:21
◆ハッ! 大間違い
個人的には「貴」の味方の間違いでした。
昔から「貴」の方が好きでした。
兄の方が一般受けするんだろうな。
いい悪いは別として、私は「貴」の味方です。
Commented by kei at 2005-06-17 09:36 x
おいおい前提条件まるっきり違っちゃうよ(笑)。
テレビにでずっぱって他人の悪口を垂れ流す姿は醜いと思うのです。
もう既にどっちが良いとか悪いとかの範疇を超えちゃってますね。

それにしても・・・メンテ後、エキサイトのブログを開くとスクリプトエラーがちょろちょろ出るようになったのだけど・・・・。
なにやってんだろうなぁ。
Commented by linket at 2005-06-17 12:10
◆ごめんなさい
確かに美しくはないですね。
でも、美しくなろうともがく真摯さがそそるの。
現状から変わろうとしないぐうたらな奴が多い世の中で、自分がボロボロになりながらも変わっていこうとする姿に共感するから。
暗黒の先に、輝く未来が開かんことを!
Commented by kei at 2005-06-17 17:26 x
そかー、あれが美しくなろうともがく真摯さに見えるのかー。
うーん、私には、私怨!私怨!私怨!にしか見えないのね。
これは、見るほうの人間性に拠るのかなぁ・・・・。
Commented by linket at 2005-06-17 18:51
◆パンドラの箱
感情って一つじゃないと思うんです。
貴はずっと感情を抑えて、父親の死でその感情の蓋が壊れた。
そういう時って、いいも悪いもゴチャゴチャに出てきます。
パンドラの箱が開いたのです。
一番驚いているのは本人ではないかしら?
でもパンドラの箱の底に残っていたのは「希望」なんです。
その希望に行き着く前に、彼がコントロールを失って、また固い蓋を閉めてしまいませんように。
by linket | 2005-06-14 12:54 | ●メメントモリ(死に支度) | Trackback(1) | Comments(8)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami