Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

マリア様の心、それはパパイヤ♪

シカゴ地下道の壁のシミに聖母マリア現る? | Excite エキサイト
娘がカトリック系の幼稚園に通い始めてしばらくたったころ、
「マリア様の心、それは『パパイヤ♪』〜〜」
という歌を覚えて帰ってきたことがある。

カトリック系の幼稚園と言っても、我が家が特に宗教を持っていたわけではなく、宗教的信念を持って保育に当たられていたシスターや先生方にしたら、無礼極まりないことだったに違いないが・・・
制服がクラシックでお利口そうに見えるのにつられていった入園説明会で、園長のシスターからは、
「この園の特徴をひとことで言うとすれば『ゼンジン教育をめ・ざ・す』と言うことです。」
といきなりやわらかなお言葉のカウンターパンチを賜る。

えっ? ゼンジンって、どんな字? 漢字に変換できないんですけど!
だいたいシスターって、初めてこうして間近にみるけど、やっぱり同じ人間とは思えません。
ご立派過ぎます。
申し訳ございません! 場違いでございました!
気短で子どもを怒鳴ったりする私ごとき悪しき母親は、もともと足を踏み入れる資格などなかったのでございましょう。
それでは、皆様ごきげんよう!!

と速攻立ち去りたい勢いだったのに、一緒に説明会に行った仲良しのママが
「私ね、夢にシスターが出てきたの! これは運命なんだわ!」
と雷に打たれたように入園を決めてしまい、友達の少なかった私たち母子は、不安を抱えつつ彼女の英断に従ったのであった。

まあ、自由保育に近い保育方針は魅力的だったし、なにより、子どもたちに幼いころから人智を超えた神の存在に手を合わせる謙虚さを持って欲しいという気持ちもあった。
入園してみれば、担任はシスターではなく普通のお姉さん先生だったし、ママさんたちも信者の人はほとんどいなかったんだけどね。ホッ・・・・

朝、登園するとまずはマリア像にご挨拶。
「イエスさま、マリアさま、おはようございます。」
うきょーーー! かわいいぞ、我が子たち!
そしてこのときばかりは、悪しき母も一瞬ながら敬虔な気持ちになる。
「どうか今日一日、この子たちを見守ってくださいませ。」
朱に交われば赤くなる。
マリア様に祈れば、汚れた我が身もわずかながら清らかになるというもんである。
そして園生活にも慣れてきた5月に、母の日にちなんでマリア様をお祝いするマリア祭というのが行われる。
その時に歌う歌が、前述のマリア様の歌なのだ。

しかし、意味がわからない。
マリア様の心=パパイヤ?
どんな宗教的な寓話がそこに隠されているのか?

「ねぇ、それってどういう意味? 先生に聞いてきて。」
次の日、娘はちょっと恥ずかしそうにこう言った。
「あのね、パパイヤじゃなかった。」
「でしょ? で、本当はなんなの?」

「マリア様の心、それはササンワ♪」

ササンワ?
これは何かの宗教語なのかしら?
ゼンジンは『全人(知・情・意を調和してそなえている人のこと)』だってわかったけど、今度はササンワ? 漢字・・・ではないよね?

悩んだあげく、私はもう一度娘に確認をお願いする。
そして次の日、ついに真相が明らかになった。

「マリア様の心、それはサファイヤ♪」

マリア様、やはりあなた様には『パパイヤ』よりも『サファイヤ』が似合います。
ですから、私めはマリア様には下水道の壁よりも、空気のよろしい緑に囲まれた公園の壁などの方がお似合いになるのではないかと思うのですが、そこはやはり愛にあふれたマリア様のこと、人のいやがるところにこそ、愛の光を灯そうということなのでございましょうか?

【2005.5.8追記】
下水道の壁のマリア様が塗りつぶされてしまうとのこと。
どうか今度はもっとマリア様にふさわしい場所に出現なさいますように。
[PR]
by linket | 2005-04-23 10:00 | ●楽しい我が家

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami