Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

墓なんかいらないよ

私は今年で40歳。
平均寿命の半分で自分の死や葬送、墓のことを考えるのは早すぎるのかもしれないけれど、いつ訪れるかわからない自分の死に際して、それを商業化されたるのは嫌だ! という思いが強い。
とにかく私は慎ましく生きてきたのだ。
自分に必要なものさえ手に入ればそれでいい。
墓はいらないんだよ。
高いし、狭いし、環境によくないし、なにより美しくないし。

昨年父の二十三回忌で兄弟が集まった際、姉に「私は墓は作らないつもりなんだ」と初めて話題にしてみたのだが、「そんなことできるわけないじゃない!」と一蹴された。
田舎で育ち、同じ町内に嫁に行った姉には、墓に入る以外の選択があることなど考えもしていないのだろう。
私も姉と同じ立場だったら、近所の知り合いがたくさん眠る共同墓地に自分が埋葬されることになんの疑いも持たなかっただろうが、私は仕事先で知り合った夫(次男)と結婚し、埼玉県の公団に住まう身だ。
この地に深い思い出があるわけではなく、さりとてどこかに憧れの地があるわけでもなく、たまたまここで子どもを生み育て、子ども達はやがてここから巣立っていく。
たとえば子ども達が遠い場所で暮らすようになったときに、私の墓を思い出すよりも、私と生きて関わった思い出そのものを思い出して欲しい。
いや、「思い出して欲しい」というか嫌でも「思い出してしまう」くらい、生きているうちに深く関わってやろうと思うのだ。

私は17歳で父を亡くしたが、22年以上経った今でも、父のことを思い出さない日はない。
まあ、忘れるに忘れられないインパクトのある人だったわけだが、年に一度行くか行かないかの墓参りよりも、私にとっては自分の生活のリズムの中に息づいている父を思い出すひとときの方が、はるかに『供養』と呼ぶにふさわしい行為として根付いている。

父を思い出すとき、私は自分の右上あたりに父の気配を感じる。
それは勝手に私が作り上げた想像の産物かもしれないが、こうして父を思い出しながらこれを書いている今も、やわらかな父の笑顔をエネルギー化したようなあたたかさが私に降りそそいでいる。

私が死んだ後、私と生きて関わった人たちもこんなふうに私を思い出してくれるといいな。
バカバカしいほど高い墓石や、信じてもいない宗教の決まり事なんかに縛られて義務的に思い出してもらっても、全然嬉しくないんだよね。
だからさ、なんどもいうけど墓石はいらないよ。
[PR]
トラックバックURL : https://linket.exblog.jp/tb/1506525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pinoco_o at 2005-04-18 00:27
こんにちは。いきなりお邪魔いたします。
品川の東海寺(東海禅寺)にある沢庵さんのお墓は、ほんとは本人は「なーんもいらんし」っていったらしいんですが、「いやいやそれもさー」って残された人が思ったらしくて、「でも本人のイシを酌んであげようよ」ってことで石が一個おいてあります(なんか、一応廻りも囲ってあったりするけど)。まあ、禅宗だからってとこもあるんでしょうけど、やっぱりカタチではないとこに何かを見出していたんでしょうね。お父様のお話とてもすてきだと思いました。やっぱり、そーゆー関わりが一番大切かなと。
げにうつろいやすきは人の心なれど、形あるものの滅ぶよりあはれなることたしかかと。駄文でお邪魔いたしました。それでは、またどちらかで。
Commented by linket at 2005-04-18 07:24 x
はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログ始めて初コメントだったもので、うっかりお返事遅くなりました。
ほんとにお墓作ってほしくないんですよね。
でもまあ、それをするかしないかは遺族にまかせるしかないのでわがままは言いませんが、一応意思表示はしておこうという感じです。
Commented by kei at 2005-04-26 09:26 x
はじめまして。
私も墓には入りたくない人間です。
なんであんな暗くて狭くてジメジメしたところに入らなきゃならないのか。
考えるだけでうんざりなのです。
それで一応母親にはそう話してあるのですが、一応は理解を示してくれているようです。
母親は母親で、父親と一緒の墓には入りたくないという人間のようで・・・。
でも実際には、海への散骨などは面倒だという話になって、普通に穴倉の中に押し込まれてしまうのでしょう・・・。
クラゲになりたいです・・・。

私の両親はふたりとも健在ですが、亡くなっても笑顔を思い出すことはありえません。
そもそも、まともに笑っている顔を見たことがないのです。
いつも不機嫌で、どうして自分だけがこんな目に会っているのか納得いかない、そんなふうな人たちです。
お父さんを早くに亡くしても、笑顔とともに思い出すことのできるlinketさんが羨ましいです。
Commented by linket at 2005-04-26 10:03
◆思い出はセピア色
keiさん、書き込みありがとうございます。
ハハハ、私も今父が生きていたら、大げんかしていたかもしれません。
死んでいるからこそ、思い出はセピア色の甘酸っぱいものになるのですよ、きっと。
子どもは親を見て家庭という社会を知っていきますよね。
両親の仲がよく、愛情注がれて育った子どもってそれだけでスタートがラッキーなわけですが、私は決してそんなラッキーな子どもじゃなかったんですよ。
親が見習いたくない親だったら、反面教師にして、自分はそんな風にならないように生きていくこともできるはずだと思っています。

実は私は骨はもう抜け殻だと思っているので、どこに入れられようが、どう扱われようが、気にならないんです。
逆に、抜け殻なんだから、仰々しく墓になんか入れてコストをかけるのがバカバカしいと思っているんです。
ただの貧乏性なのかもしれませんが(爆
Commented by kei at 2005-04-27 09:22 x
お返事ありがとうございます。
抜け殻かぁ・・・確かにそうなんですよね。
私は輪廻も天国・地獄も特に信じていないので、焼いて伝染病などの心配がなくなったらその辺に撒いて肥料にでもして欲しいんですが。
良く考えたら、納骨されてしまうと土には還れないんですよね・・・。

死人は最強ですね。
しかしまだ私がそこそこ若いうちに死なれていたら・・・たぶん「最低の人間」のままで止まっていたかもしれません。
ひたすら夫婦ケンカを繰り返し、私に向かって「お前がいるから離婚できない」と全てを私のせいにする日々でした。
私は相手を社会における一個の人格として見ていたのですが、彼らはあくまでも「親」として絶対権力を誇示するだけでした。
今では、彼らは親になるには子供過ぎる人間だったのだと自分に折り合いをつけてますが・・・。
彼らを反面教師にした結果、結婚できない体質になっちゃいましたね。
あのように育ってきた自分が子供にどんな仕打ちをするか、ほんとに怖いです。
Commented by linket at 2005-04-27 12:44
◆環境を超えて
人の成り立ちが、DNAや環境(特に親)の影響を受けることは否めないですけど、人はそこを基礎としてなりたい自分を目指していけると私は信じているんです。
keiさんにも、よき未来がありますように!
by linket | 2005-04-16 16:21 | ●メメントモリ(死に支度) | Trackback | Comments(6)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami