Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

『つれあればよろし』京都旅行(寺社編)

c0007384_1431154.jpg写真は、平安神宮で引いたおみくじ。
『小吉』でした。
それがもう、今の私にぴったりのお告げ(?)だったので、ここに転記させていただきます。

 わがままは通らぬものと 知り分けて
 人にしたがへ 神にしたがへ


なにかに従うという状況のときに、一番難しいのは、「それにイヤイヤ従うのでは意味がない」というところなんだと思う。
「私はそれに対してNoだけど、場面で従ってやってるんだ」という思いなら、いっそ従わないほうがましなんだろう。

よく寺社の入り口に、仁王様とか狛犬とか、正式名称はよくわからないけど、とにかく怖い像が立ってるでしょう?
泣く子も黙るじゃないけど、つまらん感情的な怒りは、ここで置いていけ!! と、自分の怒りよりも怖い顔で威嚇されるから、怯えつつも頭を垂れて謙虚になって、奥の慈愛に満ちた仏様に会いに行ける心持ちになるんじゃないだろうか? などと、今回の京都旅行で思ったのでした。

初日に、曼殊院というお寺さんに行ったときに、『大威徳明王尊像』という弘法大師作と言われている掛け軸があったんですね(特別公開なので、いつも見られるわけではないみたいです)。
真黒い画面の中に、牛に乗って怒りまくる大威徳明王様をみて、私は自分が力を求めていたことを思い出した。
自分の自我を壊すほどの力。
そして、その願いは叶えられたことを知って、涙がこぼれた。
やっとここまでこれた。
それを確認した、今回の京都でした。

以下は、今回の2泊3日の京都で回った寺社。
個人的なメモとして書き置くので、みなさんの参考にはならないかもですが、ご了承ください。

■三十三間堂
一番奥の下から二段目左から3番目の仏像が好き。

■清明神社
キツネがいます。

■曼殊院門跡
自然の山を利用した庭が美しい。
大威徳明王尊像が見られたのはラッキーでした。

■大覚寺
五右衛門の「絶景かな」の門があるところ。
登らなかったけど。
まわりのお屋敷地区が、笑えるほど現実離れしている。

■無鄰庵
静かできれいなお庭。
もみじになったらきれいだろうな。

■平安神宮
高校の時に行った印象がよかったのだけど、あれからウン十年。
なんだか壮大な庭の管理が行き届いていなくて、残念だった。
ただ、しだれ桜の時期はきれいだろうな(もれなく混んでると思うが)。
松は、管理が行き届いていて美しい。

■青蓮院門跡
大きな楠があって、お庭が美しい。
ただ、青不動の特別御開帳中で、拝観料が1,000円と高額。
今度いくなら、門前で楠の樹をめでるだけで十分かも。

■広隆寺
大好きな弥勒菩薩は、以前とレイアウトが変わって、立派な台座に乗り、ちょっと遠い存在になってしまっていた。
でも、やっぱり好きだ。
これも弘法大師の作だそうで、私は弘法大師に魅かれているのだろうか?
高野山も行ってみたい。

■竜安寺
まあ、混んでるとは思ったけど、修学旅行生、遠足の小学生、リュックの外国人旅行客等で、今回行った中で、一番混んでるスポット。
高校の時は、石庭の印象しかなかったけど、大きな池もあって、お庭も広かった。
もみじのシーズンはさぞかし。。。

■任和寺
竜安寺→任和寺→妙心寺と歩いて移動するつもりが、道を間違えたので、今回はパス。

■妙心寺
この中にある退蔵院庭園が、意外に好みだった。
私が行ったときは誰もいなくて、ゆっくり景色を堪能できたし。
四季の花々がコンパクトにまとめられていて、いつ来ても楽しそうだけど、特にしだれ桜と藤の季節はいいだろうな。

駆け足でしたが、行きたいところはほぼまわることができたので、満足です。
満足っていうか、一度にいろいろまわりすぎて、おなかがいっぱいで最後の方は正直、なんだかよくわからなかったのだけど。

やっぱり京都はすごいな。
あんなに力のある寺社と現代社会が折り合って、息づいている。
こういう非効率なものが、何百年も守られ、ここを訪れる人が絶えないということに、私は希望を抱いた。
まだ、大丈夫だと思う。

ちなみに、京都旅行記事で枕詞とした『つれあればよろし』というのは、おみくじの旅行欄に書いてあった言葉。
さらに方位は『西の方よろずよろし』って、ぴったりこんでしたね。
[PR]
by linket | 2009-10-09 15:00 | ●無駄人間になってやる

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami