Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

タグ:ざまきドットコム ( 4 ) タグの人気記事

去年の秋、旅先でグレートバリアリーフサファイアと命名されたサファイアを扱うお店を知り、取り憑かれたようにルースを買った。
ベースは翠色なんだけど、中に蒼色を抱えていて、魅惑的な光り方をするグリーンサファイア(サファイアって、ブルーやピンクだけだと思ってたけど、いろんな色があるそうです)。
ネックレスや指輪に加工したグレートバリアリーフサファイアもそのお店にはあったのだけれど、結構高かったことと、デザインがあまり私ごのみではなかったので、あえてルースを購入したのだ。

そして、旅から帰るや否や、『ジュエリーリフォーム・オーダーメイドジュエリー専門店 ざまきドットコム』さんに、ルースを持ち込む。

それにしても、市販のジュエリーにはあまり興味がないくせに、オーダーなんて敷居の高いことができるのも、ざまきドットコムの店長さんとの出会いがあってこそ!!
以前の依頼作品(エメラルドのリングオパールのネックレス)で絶大なる信頼を寄せているもので、今回もノープランで押し掛けて、「ネックレスにしたい」ことと、石のテーマが「自由」であることのみお伝えして、丸投げでデザインをお願いすることに。

ざまきドットコムさんを信頼している一番の理由は、とにかくその作りが端正で美しいからだ。
たまにジュエリー売り場に行って、市販のジュエリーを見ることもあるんだけど、市販品と見比べると、ざまきドットコムさん作のジュエリーの品のよさがよくわかる。
素人だからなにがどうってうまく言えないけど、細かいところまで丁寧に作られ、磨きこまれている感じがする。
きっと、流通品だったら面倒だから手を抜いちゃうようなことを、美しく仕上げるために手間を惜しまない技を使っているんじゃないかなと思う。

私にとってジュエリーって言うのは、ただひたすら自己満足でうっとりするためのものだ。
眺めるたびに、「きれいだなーーー」って、幸せな気持ちになって、キラキラした光が心の中までクリーンナップしてくれるような、そういうアイテムであってほしい。
だから、「ああ、このメレダイヤの光り方がいまいちなんだよねーー」とか「あっ、またセーターの糸がひっかかった」とか「この石を留めてある爪が、微妙に左右対称でないのが気になる~~」とか「でもまあ、安かったから仕方ないかな?」とか(以上、すべてざまきドットコムさん以外のジュエリー実話)いう妥協があるのはイヤなのだ。

c0007384_00563157.jpg

オーダーしてから約2カ月。
楽しみに待っていた12月の初旬に、「出来あがりました」のメールと写真(ブログの画像はそのときの写真をお借りしています)をいただいた。
すぐに取りに伺い、実物とご対面。
数種類いただいたデザイン画の中から迷いに迷って、一番シンプルなものにしたんだけど、身につけたら、やっぱりこれにしてよかったなって嬉しくなった。

『いいもの』を身につけていると、背筋が伸びる感じがする。
この上品さにふさわしい自分でありたいと思う。

ざまきドットコム様、今回も素敵なジュエリーに仕上げてくださってありがとうございました。








[PR]
by linket | 2014-01-06 23:04 | ●好きが激しいだけ | Comments(4)
c0007384_13529.jpgふふふ、ついに念願叶って、エメラルドリングをリフォームしました。
今回もお世話になったのは、『ジュエリーリフォーム・オーダーメイドジュエリー専門店 ざまきドットコム』さん(私のカメラではきれいに撮れないので、ざまきドットコムさんから画像お借りしております)。

もともとは、10年ほど前に自分で購入した(オーダーで作ってもらった)誕生石のエメラルドリング。
自分で拙いデザイン画を描いて、参考写真なども添えて、一生懸命説明したんだけど、出来あがってみたら「なんでこうなるの?」という残念な指輪になってしまった。
デザイン画の提示もなく、今思うと、あの店には営業マンと職人さんしかいなかったような。。。
まあ、知り合いのつてだし、安かったから仕方ないかと妥協して使っていたのだけれど、いよいよサイズが合わなくなってきたので、オパールのネックレスをオーダーした際に、相談したざまきドットコムさんにリフォームをお願いしたのでした。

正直、アクセサリーには疎いです。
先日など、知り合いの奥様にスワロフスキーのネックレスをいただいたので、後日お会いしたときに着けて行ったら、
「まあ、素敵よ。やっぱりお洋服を着たときには、正式にはアクセサリーを着けないとね」
とやんわりと諭され、いままで、お会いするたびに
「あらあら、せっかくスーツを着てるのに、アクセサリーをしないなんて、訪問着を着て足袋を履かないようなものね」
と思われていたのかと、47歳にして初めてその恥ずかしさを知ったくらいの女です。
着物のTPOや帯の格には詳しくても、ジュエリーの価値やTPOにはまったくの門外漢。
なので、普段に着けたいからそんなに派手でなく、かといって歳相応の高級感も欲しいし、あんまりラブリーなのは気恥ずかしいし、、、という希望だけお伝えして、あとはすべてざまきドットコムの店長さんに丸投げでお任せしました。

ジュエリーデザイナーである店長さんから提示いただいたデザイン画は3点。
1つは、ざまきドットコムさんオリジナルの既製枠にポコッと石を入れ込むセミオーダータイプ。
市販にはないデザインでかわいいし、比較的リーズナブルにできるもの。
あとの2つはオリジナルでデザインしていただく一点もの。

メールで送られたデザイン画をプリントアウトして原寸大に縮小し、切り取って紙指輪に。
それを指に巻きつけて、あれこれ悩む。
予算は、まったく相場を知らない素人考えで10万円くらい(プラチナ枠)を予定していたので、オリジナル枠なら予算内だったんだけど、フルオーダーだと予算オーバーになりさらに悩む。
でも、もともとの指輪のプラチナ地金分(約23,000円)を引いてもらえるっていうし、なによりせっかく作るならもう二度と、後々残念に思うようなものにお金を出したくない。

揺れる私の背を押すように、通りすがりのカメラ屋さんの店員も叫ぶ。
『買わずに後悔よりも、買って反省!! さあ、買った、買ったぁ!!』

そして、できあがったのが、これですよ!!
今回もぼんやりした私の要望を、どっしりと受け止めていただきました。
後悔も反省もいらない仕上がりに、ワクワクドキドキしながら早速指にはめてみました。

いままで10数年余り、着けるたびに「ちょっぴり残念」と思っていたあのエメラルドの、あまりの変身ぶりに、思わず胸がキュンとする053.gif

ちょっと想定外だったのは、いままで通り左の中指用にと思っていたのだけれど、出来あがってはめてみたら、なんだか右の薬指にピッタリ。
いや、サイズは左の中指用に作ったから、右薬指にはちょっとゆるいんだけど、右の薬指にはめた方がおさまりがよくて、落ち着くんだよね。
『僕のこれからの居場所はここです』と、エメラルドリングが静かに主張しているとでも言おうか。

右は未来を示すでしょ?
そして、薬指には「願いを叶えてくれる指」という意味があるんだってことを後で調べて知りました。
今回、再研磨してもらってエメラルドもピカピカになったし、メレダイヤはきれいなものを選んでもらったし、石の魔力がupして、願いの一つやふたつ、本当に簡単に叶いそうだ。
そして、実際に願いが叶うことよりも、『願いが叶いそうと思える人生』って、つくづく幸せだなぁと、噛みしめています。
どうせ願ったって叶わないという、暗くて悪い思いグセがあったのでね、自分をそういう思考から切り替えられたことが本当に嬉しい。

ざまきドットコムの店長様、今回も素敵なきっかけになってくれそうなジュエリーを形にしてくださって、本当にありがとうございました。


■2014.1.6追記■
サファイアネックレスをオーダーの記事をupしました。
[PR]
by linket | 2012-07-01 13:45 | ●浮き世ネタ | Comments(0)
三月の頭に、ZAMAKI.COMさんから、『ネックレス完成しましたよ』メールをいただきました。
添付の写真で見る限り、オパールネックレス、期待以上の出来です。
だいたい素人の想像するものというのは、なんとなくこんな感じというレベルで、細部はぼんやりしているものです。
それが、プロの手によって、ちゃんと形になるって、なんてドキドキする体験なんでしょう!
もう一刻も早くこの目で現物を確かめたかったのですが、仕事の都合でなかなか取りにいけず、ようやく今日、ZAMAKI.COMさんに伺うことができました。
宅配便で送ってもらうこともできたのだけど、やっぱり直接行って話をして、私が着けているところも見てもらいたかったのでね。

現物オパールネックレスと、緊張のご対面。

か、かわいい~~053.gif

メールでいただいた写真は、かなりズームしたものだったので、実物の方がずっと華奢。
そうなの!!
この華奢さが、欲しかったのよ!!

そもそも、「写真で見たらよかったのに、実物これなの?」っていうこと、通販やネットショッピングなんかでありがちではありませんか?
悲しい体験の積み重ねで、いつの間にか「実物は写真より何割引きかであろう」と期待を凹ませておく癖が、私などついているわけです。
でもね、このオパールネックレスは、私のぼんやり想像&ラフ画<写真<現物。
これぞ、プロの仕事。

例えば、美容院にゆうこりんの切り抜きを持っていき、「同じ髪型にして」などと言ったとします。
たいがいは、なんで?これのどこがゆうこりん?的な仕上がりになるはずです。
髪質が違うとか、そもそも顔のつくりが違うのだから同じイメージになるはずがない、などいうことではなくて、プロの美容師であれば、お客のイメージするものを汲み取りつつ、自分の技術とセンスを使って、客に似合う髪形を仕上げて欲しいわけですよ。
雑誌を見ているうちにヘアカットが終了し、「お客様、いかがですか?」の声に顔を上げてみれば、
「あれ? ゆうこりんと同じではないけど、このニュアンスはゆうこりんぽいねぇ。なにより私にすんごい似合ってない?」
という展開が私は好きです。
たとえゆうこりんと同じにならなくとも、その落としどころに満足し、その満足に見合ったお金を払うわけです。
(一応断っておくと、ゆうこりんの切り抜きを持って美容院に行ったことはありませんので悪しからず)

はい、それではお待たせしました。
プロのお仕事のお披露目です。

c0007384_22305991.jpgc0007384_22313110.jpg

c0007384_22314694.jpgc0007384_22315467.jpg








こういうシンプルな枠って、逆に作り手のセンスが浮き彫りになってしまうものだと思うのですよ。
私の写真撮影技術ではとてもお伝えしきれないけど、細部までなめらかな仕上がりで、丁寧に作られたことが伝わってきます。

ZAMAKI.COM様、本当にありがとうございました。
大満足でございます。

ちなみに、お値段は35,000円(チェーンは持ち込み/プラチナ枠)でした。
そのときのプラチナ相場(今は比較的安いです)とか、同じようなものに見えても技によって頼む職人さんが違うなどの理由もあるらしいので、値段はあくまで参考程度にお考えくださいね。
私の浮かれ熱に当たって、引き出しにしまいっぱなしの『旦那の給料三か月分』の立爪ダイヤリングをリフォームしたくなった方は、お気軽にZAMAKI.COMさんに見積もり依頼を!


完結編といいつつ、『番外編』へつづく!!
[PR]
by linket | 2009-03-09 18:45 | ●無駄人間になってやる | Comments(10)
c0007384_170586.jpg写真はオパールネックレスの出来上がりイメージ写真。
プラチナチェーンの上に、オパールのルースを乗っけただけだけど。

しばらくモヤモヤと考えたり、何店か見積もりをメールでお願いしたり、デパートのリフォームコーナーを覗いてみたりしていたのだけれど、ついに予てより気になっていた御徒町のZAMAKI.COMのジュエリーリフォームアドバイザーさんを訪ねてきました。

最終的にZAMAKI.COMさんに相談に行ってみようと思った決め手は、店長さんのブログで、そのお人柄が忍ばれたから。
別の大手のリフォーム店からの見積もりメールが、(当たり前だけど)事務的で、確かにちょっとは安いんだけど、自分の大事なものを託す気持ちにはならなかったのです。
なんせ父の人生のデータが記録されたオパールですからね、思い入れだけはたっぷりあるわけです!
かといって、予算がたっぷりあるわけではないので、ZAMAKI.COMさんの見積もりメールが返ってくるまではドキドキでした。

だって、ZAMAKI.COMさんのhpに載っている過去のリフォーム作品たちは、とっても凝ったデザインで、ステキなんだけど、すんごい高そうなんだもん。
(そしてなぜか、それらには具体的なリフォーム値段の記載がないのですよ!)
心配をよそに返ってきたメールには、前述の大手リフォーム店とさほど変わらない見積金額が。。。
ホッとしたものの、今度はこんなステキなデザインものばかりを手がけているZAMAKI.COMさんに、シンプルなただの枠を依頼することにちょっとした後ろめたさが芽生えたのですが、店長さんのきさくなメールに助けられて、残業がないことが確定していた土曜出勤の14日、会社帰りに『宝石の街・御徒町』に寄り道と相成りました。

新しい既成のジュエリーを買うのと違って、オーダーやリフォームって、みんな思い入れがあるんじゃないかな。
特にリフォームは、例えば祖母の形見とか、エンゲージリングとか、宝石そのものの価値だけではない付加価値が、たっぷり上乗せされている場合が多い。
そういうものを作りかえるのだから、安くて早い!みたいなのじゃなくて、ちゃんと、『あなたの思いを受け止めて作りますよ』っていう人に頼みたいって私は思う。

実際にお会いして、具体的な話を少しする。
とは言っても、話に行き違いが出る余地もないほどシンプルな枠なので、ネックレス製作の話はすぐに終了。
少し雑談をさせていただく。

聞けば、店長さんは独立してこの仕事をするにあたり、2年間、職人さんについて修行をしたのだという。
私は21歳で結婚して、ほぼ専業主婦で過ごしてきたので(それを別に後悔しているわけじゃないけど)、こんなふうに女性が自分の好きなことを仕事にして、真面目に一生懸命頑張っている姿って、自分ができなかったことに対する憧れもあって、手放しで感動してしまう!
お話聞きながら、思わず涙目。

それから、過去のリフォーム作品に値段の記載をしていないのは、
「お客様のジュエリーですから、お値段を載せるのは失礼だと思うんです。私は写真をお借りしているだけなので。。。。」というお話にも、いたく心打たれました。
ネットで見る側としたら、製作値段が入っていた方がおおよその目安になるし、安心感があるわけで、それは店側としても、新規のお客さんを引き寄せるには必要な数字だと思うのに、敢えてそこをお客様の立場に立って切り捨てるって、なかなかできることではないと思うのですよ。

帰り際に、
「実は、このエメラルドの指輪を10年くらい前にオーダーで作ってもらったんです。
でも、実際にできあがってみたら、全然イメージしたものじゃなくて。」
と、左手の中指にはめた指輪を見せたら、
「これ、こんな風に直すことできますよ。あーして、こーして、こうしたらもっとステキ。」
って、私が10年間、この指輪をつけるたびにモヤモヤと後悔していた問題点に、スラスラと解決策を出してくれたのですよ!
ああ、この人に頼めば大丈夫だって、気持ちがさらに固まりました。
すぐには無理だけど、余裕ができたらこの指輪も、ZAMAKI.COMさんでリフォームしてもらうこと決定です。

オパールのネックレスは、2週間くらいでできるとのこと。
楽しみです。
出来上がったら、もちろん、ここでご紹介しますね。

『オパールのネックレスを作りたい(その3)完結編』
へつづく!!

■2012.7.1追記■
エメラルドのリングをジュエリーリフォームの記事をupしました。

■2014.1.6追記■
サファイアネックレスをオーダーの記事をupしました。
[PR]
by linket | 2009-02-16 10:06 | ●無駄人間になってやる | Comments(4)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami