Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

カテゴリ:●無駄人間になってやる( 52 )

c0007384_00423921.jpgここ数年、物忘れがひどい。
「ひどい」なんて言葉で片付けられないくらいひどい。
自分が作った書類なのにどこに保存したかわからない。
数字が覚えられなくて、何度も確認する。
ものを探す時間がやたらと増えた。
人との会話が記憶できないので、何度も同じことを聞かなければならない。
ならばとメモを取っても、メモが信用できない(「夕方の5時ですね」と口で言ってるのに、メモには「15時」と書いたりする)。

とにかくもう仕事に支障が出ているし、もしも、脳の萎縮が始まっているならば、早めに退職を願い出て、今後の人生を考え直さねばならないだろうと覚悟し、先日、家の近くの脳神経外科を受信した。
先生に、とにかく記憶力が低下して、仕事に支障が出ていることを訴える。

脳みその機能低下の原因として、脳の萎縮、脳の酸素不足、脳の血管のつまりなどを説明され、MRI検査、血液検査、心電図検査を受けた。

結果として、脳の萎縮はなかった。
ひそかに絶対萎縮しているものと思っていたので、みっちり詰まった脳みそMRI画像にはちょっと驚き、同時にかなりホッとした。
ホッとはしたが、ならばこの異常なほどの物忘れ、なにが原因なのか?

先生が言うには、私は貧血がひどく、脳に血液があまり行ってないのが原因ではないかとのこと。
こんなに貧血だと日常生活がしんどくないですか?と言われたが、これが当たり前で何十年も生きてきたので、とくに不自由はなくゴルフなども楽しんでいるんだけどね。

とりあえず、鉄のサプリメントを飲み始めて一か月くらい経つが、それほど記憶力に効果が出ている感じはない。
ただ、脳の酸素不足が続くと、脳の萎縮の原因ともなるので、今後も鉄分の摂取には気を付けていこうと思う。
あと、深呼吸ね。
浅い呼吸が癖になっているから、脳みそのために、もっと深い呼吸をするように気をつけてみています。

変化があったら、また報告します。

追伸:浅知恵ですが、MRIをとる場合、「脳ドック」を受けると、保険対応にならないらしく、数万円かかるらしいのですが、「物忘れがひどい」と言って検査受ける場合は1万円くらいでできます(私が行った病院の場合)
[PR]
by linket | 2015-11-23 00:42 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)

篝火草

c0007384_10573888.jpg


暗闇に光る篝火を見た

遠く光るゆらめきは
時に風に煽られ踊り
フッと消えたかと思えば甦り
手を振り合図をするように
チカチカと輝き続けた

果てしなく遠く思えた道程は
私を強くしなやかにした

篝火を灯していたのは誰だったのか

神か天使かあるいは未来の私か










[PR]
by linket | 2013-12-15 10:43 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)

Eggs smile!!

c0007384_7563195.jpg

君が信じていることは
君しか信じてくれない
君が信じなくなったら
誰が信じてくれるのさ

Believe & Smile !!
[PR]
by linket | 2012-10-21 08:06 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)
c0007384_12115747.jpg


前世があるなら、チベットで生きていたこともあると思えてしょうがないのですが、そんなわけでダライ・ラマ14世著『ゆるす言葉』を買いました。

『ゆるす』というのはここ数年の私のテーマでして、どうしても自分の中で『ゆるせない!!』と思う気持ちがあって、苦しいんですね。
以下、青字は本書より抜粋。

ゆるしの気持ちを身につければ、
その記憶にまつわる負の感情だけを
心から手放すことができるのです。
ゆるしとは「相手を無罪放免にする手段」ではなく、
「自分を自由にする手段」です。



ハート型の雲が浮かんだ空から愛が降り注ぐ。

"feedom!!"

そう、私の魂は、誰にも拘束なんかされていない。
なにをするのも自由なのだ。
[PR]
by linket | 2012-10-07 12:31 | ●無駄人間になってやる | Comments(4)

12年越しの春の兆し

c0007384_1624520.jpg季節無視の写真だけど、なんとなくね、陽の光が恋しくて、ストック写真からセレクトしてみた。
陽の光が好きだ。
陽の光が好きなのは、そこに闇をみるからだ。

今年の私のラッキーストーンはサファイアだそうなので、以前、オパールのネックレスをオーダーした際にお世話になった『ジュエリーリフォーム・オーダーメイドジュエリー専門店 ざまきドットコム』さんで、ピンクサファイヤのネックレスを作ってもらった。

昨日、それを受け取りにお店に行ったら、ラジオから鬼束ちひろさんの『月光』が流れてきた。
なぜこのタイミングで、この曲が・・・

彼女の歌は、陽の光だ。
闇を含んだ光の言葉だ。

現実社会で生きる修行をしてきた私に、そろそろ別の扉が開くのだよと、歌が照らしてくれる。

なんのために生まれてきた?

それを、仕切り直していく春になると思う。
[PR]
by linket | 2012-03-18 17:00 | ●無駄人間になってやる | Comments(4)
c0007384_21363430.jpgなんで私ばっかりこんな目に
なんてうっかり思い浮かぶなら

グッとこらえて空を見ろ

なんのために生まれてきた?

わたしは

愛するために生まれてきた
分かち合うために生まれてきた
喜ぶために生まれてきた
清めるために生まれてきた

嘆いたり
恨んだり
汚したり
奪ったり

なんだって自由なこの世界
なんだってありのこの世界

なんだってありだからこそ
わたしは

愛するのだ
分かち合うのだ
喜ぶのだ
清めるのだ
[PR]
by linket | 2011-10-31 21:34 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)

大事な言づて

友達からのメール


 寝る前にニッコリした顔を鏡で見てから眠ってね。
 学生時代、ヨウコ(私のこと:仮名)が教えてくれた事だけど、
 今も忘れずに時々やってるよ。
 意外とヨウコは忘れてた?



うれしくて、返事


 学生時代に言ったことは、きっと元気の塊だった10代の私が、
 今のショボクレおばさんを励まそうと思って、
 あなたに預かってもらってた言葉のような気がするよ。
 覚えててくれて、ありがとう053.gif
 今日は笑顔で眠るから、大丈夫だよ。

[PR]
by linket | 2011-10-06 19:40 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)

c0007384_23211973.jpg
ここらでは珍しい、大きなハッキリとした虹。
誰に言うでもなく、「ありがとう」って言いたくなるような、美しい虹。
[PR]
by linket | 2011-09-17 17:05 | ●無駄人間になってやる | Comments(0)

そういう結果になっても

大きな恐れの前に

どうしたらいいのか
なすすべもなく
泣いてしまったとしても

すべてはそれでいい

いいことばっかりではないとしても
それでいいと、信用していよう

どんなに恐れが強くても
愛がそれに負けてしまうことなんてないんだ

たとえこの世で
人々の恐れがどんどん強くなって

愛を信じることが

負けてしまうように見えても
そういう結果になっても

私が愛を抱きつづけようとすることだけは
あきらめないでいよう

いつも失敗しているような錯覚に陥っても
何度でも何度でも
あきらめないでいよう

この世は恐ればっかりだったとしても
愛がなくなってしまったわけじゃない
[PR]
by linket | 2011-06-21 00:40 | ●無駄人間になってやる | Comments(6)
c0007384_17181369.jpg東京・丸の内にある三菱一号館美術館で開催されているマネとモダン・パリ展に行ってきました。
いや、タダ券もらったものでね、マネとモネの違いも分からぬまま行ってみると、平日だというのに、30分待ちの行列が!
ちょっとメゲつつ並ぶと、お約束のようにオバチャン達が、列の割り込みしたり、くっちゃべったり、食ったり飲んだり、バタバタ扇子扇いだりするので、かなりメゲる。

でも、こういうオバチャン達が、いっぱいお金を落としてくれるから、興行(展覧会の場合、興行というのか?)的に成り立つわけで、私なんぞタダ券なので、そのくらいは我慢しようと思って、中庭を眺めて気持ちを落ち着ける。

中庭綺麗です!!(写真参照)

丸の内だったらもう一棟ビル建てた方がいいんじゃないか? と思うくらいの充分な緑のスペース。
季節折々の花が植えられ、品のいい彫刻がところどころに配置され、ホッとする空間になっています。
丸の内って、ビルしかないイメージだったんだけど、この界隈は最近すっかりおしゃれになっていたのでびっくりした。

お庭の緑になだめられているうちに、30分待たずに入館することができた。
三菱一号館美術館、レトロでとっても雰囲気のよい建物です。
中に入ったら、意外とゆったり見ることができたのもよかった。

ちなみに、後で来たいと言っていた娘ちゃんのために、スタッフさんに聞いてみたら、7月25日までやっているこの展覧会、水・木・金は夜20:00まで(入館は閉館の30分前まで)やっていて、夕方から夜にかけての方が比較的空いているそうですよ。

絵画とか、あんまり興味ないので、マネがどんな人でどんな絵を描き、どんな時代に生きたかなど、まったく不勉強のまま観てまわったのだが、マネさんは、それまでの『高尚な絵こそすばらしい』という価値観ではなく、自分の大切にする生活や、身近な人や、市井の人々の日常などにこそ、生きるすばらしさがあるって絵を描きたかったんだろうなぁ、などと素人の勝手な解釈。

100年以上前に生きた人の日常がここにあり、それを慈しんでいた人の想いが残っている。

そして、私の日常はここにある。
群馬の超ド田舎で生まれ育った私が都会に暮らして、四半世紀以上になる。
そんなに長く暮らしていながら、私はずっと、高村光太郎の妻、智恵子のように『東京には空がない』、山もない、星も見えない、人も冷たい、、、と、田舎にあって都会にないものばかりあげつらっていたように思う。
ここにないものに文句言っても仕方ないのに。
私は今、ここで生きているのに。

今週の土曜日に、甥っ子の結婚式が都内である。
田舎から、母と兄と姉がやってくるので、東京駅まで私が迎えに行くことになった。
「地下鉄で乗り継いでも、最寄駅から少し歩くし、東京駅からタクシーで行った方が楽だ思うよ。きっと1,000円くらいの距離だよ」と、姉に電話で説明していたら、東京生まれの知人に、
「すっかり都内の地理にも詳しくなったね。」
と、言われたことなど思い出す。

私はずっと故郷が恋しかった。
縛られていたと言ってもいい。
尊敬する父が、愛してやまなかったあの土地を離れたことの負い目がずっとあった。
その負い目を払拭するほどの引力が東京にあったわけでもない。
高校を卒業して、なんとなく都会をみたくて上京し、たいして考えもせずに就職し、結婚し、そのまま暮らしてきた。

なにかあったら帰ればいい。

でも、あそこに帰っても、私が生まれ育った頃とは、故郷の様子もすっかり変わってしまった。
故郷に行っても、私はもうよそ者だ。
そして、よそ者として生活してきた都会の方が、いつの間にか私にとって身近なものになっていたのだ。

マネの絵を観て、ここで生きていこう、と初めて自覚した。
いままで私は、いつもよそ者気分で都会と関わってきたような気がする。
ふわふわして、「だって、いざとなったら私には帰るところがあるもん」という、ちょっとズルイ気持ちがどこかにあった。
本当は帰るところなんて、今生きているここ、もっと言えば自分の中以外には、ありゃしないのに。

東京にも空はあるし、ビルの合間にこんなに素敵な緑の空間を作って実現してくれる人もいるし、なにかしらの展覧会がいつでも観られるし、おいしいラーメン屋さんがいくつもあるし、規格外の足に合うピッタリの靴も買えるし、なによりこのグチャグチャのコネコネのエネルギーが破壊に向かうのか、その先の再生を見事に見せてくれるのか、それを見てみたいって気持ちが、私をここに繋ぎとめているんだと思うから。
[PR]
by linket | 2010-06-29 18:10 | ●無駄人間になってやる | Comments(2)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami