Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

だって「死にたい」って相談したら、「生きろ」って言われるもん・・

<自殺者>7割が誰にも相談せず 厚労省研究班調査
以前鬱気味だったことはすでに何回か書いた(カテゴリ●鬱ネタ参照)。
私も自殺願望が強かったときがあるが、慎重に厳選した友人にしか相談はできなかった(今思えば相談できる人がいたことはとても有り難いことだったと思うが)。
自殺したいと思うときは生きてるのが辛いので、死ぬ方が救いになる気がするものだ。
それは「死ぬのは怖いこと」という一般的な感覚と異なる。

うっかり誰かに「死にたい」と言ったらどうなるか?

「どうしてそんなこと思うの!」
(どうしてって私が知りたいよ・・・)

「世の中には生きたいのにしななきゃならない人がいるのに、死にたいなんてふざけたことを言うな!」
(「生きたい」のに死ななきゃならないのは同情されるべき高尚なことで、「死にたい」のに生きなきゃならないのはそんなにふざけたことなのだろうか?)

「頑張って生きなきゃだめだよ。」
(今まで頑張って頑張って生きてきて、これ以上、どう頑張ったらいいんだろう?)

生きることをあきらめたくなるのは、自分がどこにも居場所がなく、どんなに頑張って生きても受け入れてもらえる可能性がありそうにないと絶望するからだ。
そんなときに、自分の死にたい気持ちを全面否定されて「生きろ!」と言われるのは、絶望の淵から突き落とされるようなものなのだ。

だから誰にも相談しない。
本当は誰かにわかってほしい。
共感してほしい。
死ぬよりも、生きている方が楽しいよ(そう、正しいか悪いかではなく、楽しい)と、わからせてほしい。
甘い、といわれても仕方がないが、否定する前に、じゃあどうしたらあなたのように嫌なことや辛いことが多いこの世界で、なんとか生きていけるのか教えてほしい。

私は、今は生きていける。
生きているのはまんざらじゃないと思う。
死にたい人の気持ちもわかるけど、やっぱりなんとか気持ちをシフトして、生きていってほしいと思う。
きっとあなたを助けてくれる人はいる。
もし万が一、誰にも助けてもらえないとしても、自分だけは自分を救える。
救われたいなら、生きなければダメだ。
死に急いでも解決にはならない。

人は幸せになりたくて生まれてきたんだと思う。
誰かの言う通りに生きるためでも、誰かの作った枠に無理矢理自分をはめ込むためでもなく、誰かに幸せにしてもらうためでもなく。
自分の幸せは自分で築こう!
もしもいままでのやり方が死にたいほどに行き詰まってしまったなら、選び直せばいい。
死んでリセットしなくても、あなたは人生を選び直せる。
選び直した私が言うんだから、だまされたと思って信じてみて。
簡単じゃないかもしれないけれど、あなたはあなたをきっと幸せにできるから。
[PR]
Commented by yomogi_j at 2005-08-29 11:42
同じ心境の人がいるんですね〜。
生きろってわれたって、言うのは簡単ですよね。
言う人にもちょっとは責任を感じて欲しいです。よね(w
でも、生きていると必ず良いことは有ります。辛いより、良いことの方が多いですよね。あとは、小さなシアワセをどのくらい探し出せるか。
これで、自分も立ち直ったような。
Commented by 希(のぞむ) at 2005-08-29 11:51 x
私が立ち直った理由は、まさにそれですね。自分を信じて、生きていればよいことがあるととにかく信じて、子どもの頃のように小さな幸せを見つけられるようになったから。
私は今、うつ病から立ち直りつつあり、この機会にと人生を選び直しにかかっているところです。なんか元気出てきました。ありがとう。
Commented by ぎん at 2005-08-29 13:07 x
ぼくの彼女がまさに死にたがりで、これまで何度となく自殺未遂を繰り返してきた。
ぼくが彼女とつきあうようになったのは今年の5月で、その半月ほど前にはやはり自殺未遂をして入院をしていたという。
つきあうようになってから、自分でもどうしようもない気持ちにとらわれることがありとても不安になる、という。
ぼくは「あなたは死にたいというが、じゃあ、ぼくが今死んでしまったらどうか」と聞くと「そんな悲しいことはいやだ、絶対にいやだ」という。
「ぼくもあなたが死んでしまうことはとても悲しいことだ。ぼくのために死なないでくれ」「ぼくと一緒に生きてくれ」
というのが精一杯なのです。
Commented by gonpintakako at 2005-08-29 14:20 x
昔、情緒不安定だったの友人から度々呼び出しくらってた。正直「あ〜また始まった、でも死なれたら困るしな〜。」という義務感で一緒にいてあげたりした。その状態が面倒になってきた頃、「こんな私の(自殺相談の)相手してくれるのあんただけだよ、」といわれ、こちらが罠にはまっていることに気づいた(笑)。でも正直あの時私は彼女のために一緒に「いてやってる」、とばかり思ってた。でもその後今度は自分が大失恋して、死んでもいい、と思ったとき、彼女のとこにいって思う存分泣いた。その時かけてもらった言葉は覚えてない。でも最後に私は笑ってた。それがどんなに救いに成ったことか...。だから今でも彼女は常識や世間体を通り越してつきあえる大切な友人です。
話はそれましたが、「死にたい」と相談されたら、「生きなさい」とまっとうな答えをしたい気持ちをおさえて(私も何度キレていいかけたことか...)、とりあえず話を聞いてやること、うまくいけば笑わせてやること(これは彼女にしてもらったことで一番心救われたこと)ではないでしょうか。

Commented by linket at 2005-08-29 19:25
◆反論覚悟で投稿したのですが、共感のご意見が多かったので意外でした。
みなさんそれぞれ前向きに歩き始めているお話の中、ぎん様の意見には胸が痛くなりました。
死にたい人の側にいるのはしんどいことです(いや、相手がしんどいことがわかっているからこそ、相談できない人が多いのですが)。
ケースバイケースなので一言でこうすればいいって簡単に言えないですけど、自分を信じる(生きていくのを許す)ことはとっても難しいので、まず身近な信用できる誰かに信じて(許して)もらいたいのです。
覚悟を持って彼女と関わるなら、私達(『達』と勝手に連帯)も応援しますので、あきらめないであげてほしいなって思います。
Commented by chinois1482 at 2005-09-09 10:12
はじめまして しのわと申します。
初めてのトコロなのに、申し訳ありませんがTBさせていただきました。
私の中でも永遠に終わらない話なので・・・。
Commented by linket at 2005-09-10 12:06
◆申し訳なくなんかないですよ(^_^)
初めてさんでも、通りすがりさんでも、大歓迎です。
永遠に終わらなく思える話も、いつか変わって行きますから、今日を、今を取りあえず少しでも上機嫌で過ごして行けますように!
by linket | 2005-08-29 11:26 | ●鬱は自立の第一歩 | Comments(7)

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami