Frosty Night(逝くなら霜夜に!)

linket.exblog.jp

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため

下肢静脈瘤のレーザー焼灼手術で、きれいな脚をほぼ無料で取り戻した話

最近、歳(現在51歳)とともに下肢静脈瘤が目立ってきた。

下肢静脈瘤というのは、静脈血管内の逆流防止弁が壊れて、静脈を流れる血液を正常に心臓に戻すことができなくなる病気。
そのせいで脚がむくみやすかったり、疲れやすかったり、足がつりやすかったりする。
放っておいても治らないかわりに、放っておいても、命にかかわるようなことにもならない。
私の静脈瘤も前より目立ってきたというだけで、それほど健康上の実害はないのだが、右脚のスネの血管が浮き出して見た目がグロいし、冬になるとそこが乾燥してかゆくて掻くものだから、色素沈着を起こしてさらに美しくない。
歳とともにもっとグロさが加速すること必須なので、思い切って手術することにした。

検索してみると、日帰りで手術できるっていうし、値段も保険適用(3割負担)で5万円くらい。
さらに、加入している生命保険で5万円戻ってくるから、ほぼ無料できれいな脚を取り戻せるじゃないか!!

あちこち検索して、池袋にある東京ヴェインクリニックに電話をして初診を予約した。
こちらの病院にした決め手は、日曜日も診療しているという点。
仕事が日曜日しか休みがないので、できるだけ休みたくなかったのだ。
結果として、手術前検査が平日しかやっていないことで半日、院長先生の手術スケジュールで土曜日に手術したことで一日会社を休んだが、あとはなんの支障もなく仕事をこなすことができた。

では、手術レポートを以下に掲載します。
患部写真、術後写真などあるので、ここからたたみます。





手術前と手術後2週間経過の写真はこちら
c0007384_9202851.jpgc0007384_9261915.jpg

術前、皮膚下にミミズ状のエイリアンでも寄生しているのではないかというようにボコボコと盛り上がっていたスネの表面が、術後、すっかり平らになっている。
まだ血管は見えるが、もうここには血が流れておらず、いずれは周りの組織に吸収されてしまうそうだ。
表面の色素沈着はまだ残っているものの、いずれ改善されてくるだろうし、もし気になるなら別のレーザー治療も可能とのことだ。

東京ヴェインクリニックは、池袋駅東口のビックカメラパソコン館の隣のビルにある。
院内はおしゃれで清潔感のある雰囲気で、受付の女性や、看護師さんもみなさん親切で感じがいい。
私が担当していただいた院長先生の説明も丁寧で、信頼することができた。

最初の診察時、エコーで血管の様子を見せてもらったのだが、欠陥があるのはスネの血管でなく、脚の付け根の血管の逆流防止弁なのだそうだ。
確かに正常な左脚の血管の弁は、ペコッペコッと閉じたり開いたりしているのだが、右脚の付け根の血管の逆流防止弁はヒラヒラヒラ~と、血流に踊っているだけで、全然機能していないことがエコー画面で見てとれる。
「この不良な血管(脚の付け根からひざ下ぐらいまで)をレーザーで焼いてつぶす」手術らしい。

だけど、こんな太くて長い血管、つぶしてしまって大丈夫?
そりゃ、静脈瘤の治療にはレーザー以外に、不良な血管部分をそのまま切り取って抜き取る手術もあるくらいだから、医学的には安全が確立されているんだろうけど、素人考えでは不安がよぎるというもの。
院長先生に素人らしく堂々と尋ねたら、「脚にはほかにいっぱい血管あるから大丈夫ですよ!!」とのことだった。

誠実で親しみやすい院長先生に、ネットで調べきれなかった質問をもう一つした。
3年くらい前、静脈瘤のレーザー治療を調べていたら、保険適応の安いのは3万円くらいで、それより負担が少ないレーザー治療は保険適用対象外で60万円くらいかかるというのを見たことがあるのだが(ちなみに別の病院のネット記事)、保険適用で安かろう悪かろうにならないのか?ということだ。

「平成26年5月から、従来の保険対応のレーザー(980mm波長)治療よりも、より痛みや内出血などの合併症が少ないレーザー(1470mm波長)治療が保険適用になったので、保険適用でも従来よりずっといい治療が受けられますよ。」
との回答に、安心して保険適用手術を選択した。

手術当日は、局所麻酔と眠くなる点滴によって、手術中の様子はまったくわからず仕舞い(残念!!)。
目が覚めたら手術は終わっていて、少し休んでから電車と徒歩で自宅に帰る。
「歩いて帰れます」って言われてたけど、もっと痛む足を引きずりながら、なんとか帰宅・・・を想像してたのに、弾性ストッキング(圧力の高い固いストッキング)を履いてサポーター代わりとしているせいもあり、ほとんどいつもと変わらずに歩いて、スタスタと帰宅。
痛み止めの薬が切れた時間になっても、特にひどい痛みとかは感じなかった。

当日は、シャワーも禁止。
さすがに慣れない一日に疲れたので、早く寝る。

c0007384_1165050.jpg翌日からシャワーはOKだったので、術後28時間くらいで弾性ストッキングを初めて脱いでみた写真。
ボコボコしているのは、焼いた血管を抑えるためにタオルを弾性ストッキングの中に挟み込んでいたため、タオルの跡がついているから。
バンソーコーは、まだはがしてはいけないので、このままシャワーを浴びる。
ほとんど痛みはない。
もっと打ち身的な痛みがあるかと思ったけど、そうでもないので、やや拍子抜け。




c0007384_122493.jpg3日目に、バンソーコーはがしていいし、お風呂にも入っていいよ、と言われていたので、恐る恐るバンソーコーをはがしてみた写真。
傷痕が“点(・)”しかないことに驚いた。
“十字(+)” か “一文字(-)”くらいの傷はあると思っていたのに、太い注射の針くらいの痕しかなく、あとは周りが内出血しているくらいだった。

術後の生活は、弾性ストッキングをしばらく履きゃなきゃいけないのが少々面倒だったが、術後9日でゴルフに行ったくらいなので、日常生活にはまったく支障はなかった。
2週間くらいしてからのほうが、焼いた部分が引きつれる感じがして違和感があったけど、これは動かさないと逆に伸びなくなってよくないらしいので、リハビリと思って、多少痛くても伸ばすように脚を意識的に動かした。

術後一ケ月の検査でも異常はなく、多少のツッパリ感も日々薄れていっている。
先生のおっしゃった通り、あんなに太い血管をつぶしてしまってもまったく問題はなく、むしろむくみが取れて足首が細くなったし、ホントに思い切って手術受けてよかったです。

■診療費(自己負担分)明細■
通院1日目  初診料・検査料  2,650円
通院2日目  術前検査料    3,290円
手術当日    手術費・薬代  46,420円
術後1週間検診 診察費・検査料  1,560円
術後1ケ月検診 診察費・検査料  1,280円
その他 弾性ストッキング(自費)  5,616円
  合  計        60,816円
 
 
[PR]
by linket | 2016-07-17 19:20 | ●浮き世ネタ

この地球に生まれてきた訳は、確かな信念を持つために、制約された条件の中でひとつのことに邁進し、思いを具現化させるため


by hami